シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」開封レビュー動画 AndroidOne搭載

中華スマホ、中華タブレットの専門レビューサイト、Techtablets.comより、シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」開封 レビュー動画。AndroidOneを搭載したレビューする「Mi A2」クリス氏の評価はいかに?

シャオミ・Xiaomi レビュー

今回は、シャオミ(Xiaomi)Mi A2のレビューなんだけれど、レビューをするかどうか迷ったんだ。だって、Mi A2は、こないだレビューしたMi 6xとハードが同じだからね。

基本スペック

5.99インチ FHD + IPSスクリーン
Snapdragon 660
メモリ3GB、4GB ストレージ 128GB eMMC 5.1
12MP,F値1.75 + 20MP,F値 1.75
20MP F2.0 セルフーカメラ LED付き
Android 8.1(ストックROM AndroidOne)
3050mAh Type-C No 3.5mm
ディユアル・ナノSIM、MicroSD無し
Wifi, GPS/GLONAS & Bluetooth5
今回レビューのモデル $229 4G/64GB

Snapdragon 660はテストしたことあるけれど、とても良いチップセットだよ。背面には12Mと20Mのディアルカメラを搭載している。20Mのセンサーは、明かりの足りない場所での撮影時には、ピクセル・ビニングを行って撮影する。

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」開封

今回レビューするシャオミ・Xiaomi 「Mi A2」は、メモリーが4GBで内蔵ストーレッジが64GBになっている。箱の中には、ユーザマニュアル、Type-Cから3.5ミリジャックへの変換アダプタ、それにTPUケースが付いてくる。

附属の充電アダプターは、5Vの2A。クイックチャージ3には、対応をしていないが、Mi 6xの経験では、2時間でフル充電できるよ。

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」は、とても軽く168グラムだ。厚みは7.55ミリしか無いけれど、カメラの出っ張りが大きくて、それを含めると9ミリだ。

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」外観レビュー

シャオミRedmeNote5と比較すると、シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」のカメラ部分の出っ張りの大きさ具合が分かる。Redmi Note5は、上部がプラスチック製だけれども、Mi A2は、ユニボティで出来ているので、クオリティの高さが分かる。

右側面にあるボタンは金属製で、手触りも良くしっかりと取り付けれれている。前面のカメラは、20MPのF値が2.0で、ポートレイト・モードでは背景をボカシて一眼レフ”風”の写真が撮影できる。セルフィー用のフラッシュも付いている。

底部にはアンテナのラインがあるけれど、黒色なのであまり目立たないね。ラウドスピーカーが2つある様に見えるけれど、1つだ。もう片方はマイクになっている。

Mi 6xとの違いは、MiA2は「Android One」と記載されている事だ。

 

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」を手で持った感じはとても良い。スクリーンサイズは、5.99インチで、アスペクト比18×9になっている。

付属のTPUケースを取り付けると、画面を下にしてテーブルの上に置いても、TPUケースの縁に若干の出っ張りがあるので、スクリーンが直接テーブルに接地することはない。背面のカメラについても同様だ。

上部には、予備のマイクと赤外線センサーが搭載されている。

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」起動・ストック・アンドロイドUI

開封してから初めて、電源を投入してみる。スクリーンは、フルHDプラスで、1080pのスクリーンみたいだけれど、若干縦長だ。

セットアップは、ストック・アンドロイドのセットアップになっている。(*ストック・アンドロイドROMとは、メーカのUIが搭載れていない、GoogleオリジナルのアンドロイドのUIになる。)

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」を起動してUIを見てみると、完全にストック・アンドロイドになっている。だから、シャオミのMIUIが好きではない人にはぴったりだ。僕は、最初シャオミのMIUIが好きではなかったけれど、使っている間に慣れたよ。

インストールされているアプリを見ると、Google のアプリと、シャオミの「Mi Store」と「Mi Comminity」のアプリがある。だから、無駄なアプリが入ってないのでシンプルだ。

 

ストック・アンドロイドとMIUIの比較

ストック・アンドロイドとMIUIを並べて比較してみると、まず、スクリーンの発色の調整度合いが違うね。ストック・アンドロイドのほうが、正しい発色になっている様な気がするよ。MIUIは、アプリで調整ができる。アプリで自動調整を選ぶと、スクリーンが青みがかるんだよね。

MIUIの場合は、色調の調整を自由に行えるけれど、ストック・アンドロイドの場合はこの機能がない。

UIのスピードについては、ストック・アンドロイドの方がアニメーションが若干早い用な気がする。

スポンサードリンク

カメラの設定をみると、ストック・アンドロイド用の設定に見えるが、内容はほとんどMIUIと同じだ。

ビデオの設定は、同じだけれどMIUI側は4K撮影のオプションがないね。上部をスワイプダウンした時の設定オプションも違うね。MIUIの方が、オプションの数が多い。

あと、ストック・アンドロイドにはジェスチャー・モードが設定が無いね。だから、操作は下部にあるナビゲーション・キーでの操作だけだ。

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」Netflix, Project Treble

Widvineのセキュリティ・レベルが3なので、Netflixアプリでの視聴は、SDモードのみ。HDには、対応していいない。*Widevineとは、デジタル著作権の管理コンポーネント

Project Trebleには対応しているので、ROMを書き換えたければ可能だ。でも、シャオミのブートローダーは、ロックされているので、解除の申請を出さなければならない。

「Mi Remote」のアプリには対応しているので、赤外線センサーを使ってリモコン替わりになるよ。

(左側がストック・アンドロイド、右側がMIUI)

 

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」スクリーン、パフォーマンス、GPS

スクリーンを見ると、ガンマ値が2.0。理想値が、2.3なので悪くはないね。IPSなので、視野角度はあまり良くないね。スクリーンの発色は、この価格帯にしてはイイんじゃないかな。

Antutuのスコアは、130226なのでsnapdragon 660にしてはイイね!旧モデルのシャオミXiaomi A1は、snapdragon625を使用して、82000だったので性能は良くなっているよ。処理能力とカメラ性能はA1よりも性能アップしているよ。

内蔵ストーレッジのスピードは、eMMC5.1なので速度は早いね。読み込みスピードが、276MB/sで書き込みが200MB/sなのでいいスコアだ。内蔵ストーレッジのスピードが、ボトルネックになることはない。

GPSの性能も誤差4mの精度なので問題ナシ!4Gでの回線スピードは、30.7Mbps、18.8Mbpsなので良い結果だ。Wifi5G性能も、Mi 6xと同じで、250Mbps。

ラウドスピーカーは、1つだけだ。

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」動画撮影

Openカメラを使用した、4KでのEIS(電子手ぶれ補正)は、アプリとのAPIをサポートしているので、動作するよ。

背面の指紋認証は、いつものシャオミのスマホの様に早く正確に動作する。

でも、シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」には、なぜか顔認証機能が搭載されていない。6xには搭載されているのに、もしかしたらセキュリティ上に問題があるのでGoogleが搭載したくなかったのかもしれないね。

フロントカメラのサンプル動画。1080pでの撮影が可能で6xと同じで、クオリティも価格にしては悪くない。

背面のカメラの4Kでの撮影は、動画のクオリティは良いけれど、EIS手ぶれ補正をオンにしても動作している形跡はない。でも、Openカメラのアプリを使用すれば手ぶれ補正が完璧に使えるので安定した動画の撮影が可能で、ほとんど、Google ピクセルの様な性能だね。

シャオミ・Xiaomi 「Mi A2」総合評価

良い点:

  • 薄くて軽い。シッカリとした作りだ
  • 良いIPSパネルを使用
  • 価格の割に性能が良い(Snapdraon660、eMMC5.1を使用)
  • メモリー6GB、内蔵ストーレッジが128GB
  • ストック・アンドロイド8.1搭載、アンドロイド9にアップデートが可能
  • 中国語の不要なアプリはなし
  • 赤外線センサー付き、クイックチャージあり
  • 2日は充電しないで持つ(連続使用で7時間)
  • AIボカシ撮影機能付き、LEDあり
  • 価格のわりによい背面カメラを使用

改善点:

  • MicroSDカードのサポートなし、NFCなし、3.5mmジャックもナシ
  • 背面のカメラの出っ張りが大きい
  • デフォルトのカメラのアプリでは、4KでEIS(電子手ぶれ補正)の撮影はできない
  • 暗がりでのカメラのフォーカスが悪い
  • 暗がりでのフロントカメラのフレーム落ち

おススメ記事:シャオミ(Xiaomi )Mi A2 レビューコスパ最高、死角はどこに?

ギヤベストにて販売中!!Mi A2

Powered by Koro−Tech

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です