BMAX B4 Pro 超詳細レビュー 2020最高の中華ミニPC

コロボット
「今回は、BMAX B4 Proのレビューにナリマス・・」

BMAXと言えば、あのGemin Lakeの名機BMAX Y13で有名はBMAXだな?

もしくは、トランスフォーマロゴで有名な!!

トランスフォーマがBMAXのマネをしたのか、BMAXがトランスフォーマのマネをしたのか、はて一体どっちなんじゃ?!

コロボット
「前振りは手短にお願いシマス・・」

そ、そうだった。このままでは、読者がレビューまでたどり着かない可能性が大だ。

BMAXは、中華系スタートアップ企業。

若さを活かして、クオリティの高くユニークな製品を次々と送り出している。

さっそく、BMAX B4 Proのレビューに行ってみよっ!

BMAX B4 Proの詳細スペック

コロボット
「BMAX B4 Proのスペックはコチラ」
チップセット Intel Core i3 8145U
2.1Ghz to 3.4Ghz
2 Core 4threads
ストーレッジ 256GB NVMe
メモリ 8GB DDR4 2400Mhz
SODIMM スロットx2
Wifiモジュール Wireless AC 9462
各種ポート Mini Display Port 1.2
HDMI 2.0A Type C USB 3.1
USB 3.0 x 2 & USB2.0 x 2
MicroSD Slot(USB2.0)
3.5mm(マイクサポート有り)
中華ガジェット仙人
「ずばり、結論から参ろう!BMAX B4 Proは、GeminiLake系PCよりも性能が良く、メディア・サーバにしておくのもったいない程の中華ミニPCじゃ。2020年ベスト・ミニPCと言っても過言ではない!」

BMAX B4 Proの特徴

Good!!

  • ミニPCの中では最高の性能!
  • 4K60fpsのHEVCファイルも問題なく動作
  • BMAX B4 Proは、3つのディスプレイに同時に出力出来る 4K60Hz
  • RAMとWifiのアップグレードが可能
  • SATA3,M.2 2242増設が可能
  • BIOS解除されている

BAD!!

  • 重い処理をさせると温度が上がる(46度)
  • 負荷を書け続けると最高88度に達する
  • SATA3 2.5インチを増設する空きスペースはあるのに、コネクターがマザボにナシ!

引用元:Techtablets

BMAX B4 Proレビュー 外観チェック

コロボット
「付属品はコチラです・・」
付属品 HDMIケーブル
12V3A電源アダプター
電源端子(US版、欧州版)
VESAマウント
BMAX B4 Pro

  • 本体にはBMAXロゴ、もしくはトランスフォーマのロゴ
  • カバーの素材は、Wifiの感度を上げるためにもちろんプラスチック製だ
  • 側面の素材は合金で出来ている

BMAX B4 Proの全面

  • 全面にはType-Cポートは、USB3.1
  • BMAX B4 Proは、3台のモニターに出力が出来る!
  • 3.5ミリのヘッドフォン端子は、マイクに対応
  • 本体にはマイクは搭載されていない様だ
  • 電源ボタンはステータスLED付きだ
  • 左側面にMicroSDカードのスロット、冷却用の穴がある

BMAX B4 Proの背面

  • BIOSリセット用のボタン
  • ミニディスプレイ・ポート(4k60fps)
  • HDMI 2.0a(4K60Hz)
  • USB2x2
  • ギガビットLANポート

BMAX B4 Proの底面

  • VESAマウント用の穴
  • ケースを開けるには4つのゴムの下に隠れているネジを外す必要がある

引用元:Techtablets

BMAX B4 Proレビュー マザボ・拡張性は?

BMAX B4 Pro

スポンサードリンク

  • BMAX B4 Proのマザボには驚いたよ!SODIMMスロットが2つもあるんだ。1つだと思っていたよ。
  • 8GBのDDR4が工場出荷時に差し込まれている。(2266Mhzで動作だね)
  • RAMは、CAS Latency 19-19-19だから爆速という訳ではないね
  • 8GBを追加すれば、デュアルチャンネルの16GBで運用できる
  • M.2 SATA 3 2242が追加できる
  • NVMeSSD256GBがインストールされていて、その真下にWifiカードがあるよね。
  • オススメは、Wifiカード9020にアップグレードする事だね。スピードがギガビット超えになるよ。
  • SSDの上にヒートシンクもあるね。とても良い構造だ
  • 一つ変なのは、、2.5インチSSD用のスペースがあるんだけど、SATAケーブルは付属しないし、マザボにも接続用のコネクタも無いね。
  • ちょっと、待てよ。マザボをじっくりと見ると、SATAコネクション1って書いているよね。なぜ、コネクターが付いていないんだ?
  • 次期のモデルでは、SATAコネクター付けてほしいよね〜、だって、空きスペースがあるんだからさ〜。
  • BMAX B4 Proのビルドクオリティはとても良いね。内部のレイアウトも良いし、メモリの増設スロットもあるし。
  • BIOSは、ほぼ、全機能ロック解除されている。
  • 特にBMAX B4 Proをファイルサーバとして使う事を考えているなら、Advance Menuー>Power Manager Feature->Restoer on AC Power Lossを選べば、停電しても自動的に再起動するよ。
  • Over ClockのMenuにはあまり設定を変更するオプションは無いみたいだね。
  • メモリの動作クロックは2.4GHzが上限だ
  • パワーリミットの変更は、残念ながらBIOS上はで不可だ。Interl Extream Tuning Untiltyを使えば25Wに変更できるかもしれないね。
  • もしくは、アンダーボルトも可能かもしれない

引用元:Techtablets

BMAX B4 Proレビュー 性能その1

BMAX B4 Pro

  • WifiカードをAC9462の上限スピードは、390Mbpsだから、アップグレードをオススメするよ。
  • プロセッサーは、Wiskey LakeのCOREi3 8145Uは、ディユアルコアの4スレッドだから悪くはないね。
  • MaxTurboは、3.9Ghzだ
  • SSDのブランドは不明なんだよね。ヒートシンクの奥に隠れているから取り出すのが大変なんだ。
  • ストーレッジのアクセス・スピードは、、Seq Read 1836.8 BM/s, Write 1247.4MB/sだから、Nvmeドライブにして、早い訳ではないけど、十分な速さだ。
  • だって、SATA3のスピードと比較すると、倍は早いよね。
  • Type-Cの出力をテストしたけど、4Kの60Hzで動作している。転送速度も速い。
  • HDMIとMini Display Portも4K60Hzで動作
  • ディスプレイを3つ同時に接続できるけど、3つ全部を4K60Hzで動作させる事はできないよ。
  • BMAX B4 Proの最大の売りは、3つのディスプレイに出力できる事だね。
  • Micro SDカードのスピードは30MB/s
  • インストールされている、Windowsは、10Pro 1903
  • メモリの最大スピードは、2.4Ghz

BMAX B4 Proレビュー 詳細性能

BMAX B4 Pro

  • Windowsの動きはとても速いね。
  • Kodi Openを動かしているだけど、体感スピードは最高だね!
  • 4K60fpsのHDRファイルを動かしても、全く問題はない
  • メモリをもう1枚追加して、デュアルチャンネルで動作させてみた。
Geekbench4/ Dual Channel Single 445 Multil-Core 8282
Geekbench5 /Single Channel Single 983 Mutil-Core 1967
Geekbench5 / Dual Channel Single 996 Multi-Core 2146
Cinebench R15 CPU 320 cb イマイチだね・・
Cinebench R 20 609 pts ・・低いね・デュアルチャンネルだからね
  • Chromeのタブを複数立ち上げても、動作は全く問題ないね〜
  • ドキュメント・表計算の編集、全く問題ナシ!
  • Gemini LakeのCPUと比較しても、とても速いし、性能良し!!
  • Adobe Premire Proで4Kビデオの編集もバッチリできるよ。
  • メモリはもう1枚追加する事をオススメするよ。
  • 編集後のビデオの出力は、3分のビデオだと出力に1分かかる。
  • BMAX B4 Proは、ミニPCにしてはとても性能が良いことが分かるね。

引用元:Techtablets

BMAX B4 Proのゲーム性能は?

BMAX B4 Pro

  • Counter Strike Global Offensiveを720fpsで動作させてみよう。
  • 1080pで動作させると、26pfsまで落ちる事があるね。
  • だから、720fpsで動作させるのがオススメだ。
  • サーマルの状態を見ると最高温度は88度。
  • ベンチマークを動作させた後の、パワーリミットの設定を見ると、15Wと18Wになっている。
  • このチップセットだとTDPは最高25W設定できるよ。
  • アンダーボルトしてPowerlimitを25Wしても、既に最高温度が88度だからオススメはしないね。
  • サーマルスロットリングは作動しなかったね。
  • MaxTurboは、3.9Ghzでたね。
  • ベンチマークを100%で動作させた時のファンノイズはこちら(14:14)
  • Linux Mintの動作も問題ナシ!
  • アイドリング中は温度は50〜60度

BMAX B4 Proは、どこで買えるの?

コロボット
「5月18日現在、アマゾンがお得デス・・」
BMAX B4 PRO ミニPC CPU Core i3-8145U 8GB LPDDR4 + 256GB
アマゾン 48,999円(クーポンでさらに3000円引き)
ギヤベスト 54,569円 送料722円
Banggood 49,944円 送料199円

 

読んでいただきありがとうございました!

Powered by ココロが踊る中華テックノロジー。コロテック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です