中華スマホ&タブレット

Redmi K30 Ultra レビュー&動画 Galaxy Exnos Note 20を凌駕する驚きのスマホ

コロボット

お待ちかね。今回は、Redmi K30 Ultraのレビューデス

なにっ、たった300ドルのRedmi K30 Ultraが、

1500ドルのフラグシップGalaxy Exnos Note 20の性能を超えとは?一体どういう事だ?

Galaxy Exnos Note 20Redmi K30 Ultra Mi 10 Pro
GPU147513202055255062
価格1500ドル300ドル1000ドル

うひょ〜、こいつは一大事

さっそくレビューにレッツゴー!

Redmi K30 Ultraは、こんなスマホ?

  • Redmi K30 Ultra とは、Poco F2 Proをベースに、PocoのCPUを少々ダウングレードしたスマホだ。
  • その分価格を抑えている
  • 実質パフォーマンスは変わらない
  • スクリーンのリフレッシュ・レートは120Hzでフラグシップモデル並み
  • 画面の明るさも1000ニットと超明るい
  • 超高性能SuperAMOLEDスクリーンを採用
  • ポップアップ式カメラを内蔵なのでノッチ無し
  • 3.5mmオーディオ・ジャックは非搭載
  • セカンダリー・スピーカ搭載
  • 33Wチャージャー
  • 4700mAバッテリー内臓
  • 120Hz採用のスマホの中で一番バッテリーが長持ちする

Redmi K30 Ultraのメリット・デメリット

良いところ!

  • Redmi K30 Ultra のWifiの感度と距離は、フラグシップを凌駕する
  • ビルドクオリティは最高
  • カメラ性能のコスパが良い
  • スクリーンは最高レベルの、AMMOLED FHD+、
  • リフレッシュレート120Hzを採用
  • ゲーム性能&サーマール性能ともにとても良い
  • 120Hzなのにバッテリーの持ちが良い

イマイチなところ!

  • 120Hzで動作させた時に、UI(ユーザインタフェース)のアニメーションに遅延が若干ある
  • 3.5mmオーディオジャック非搭載
  • フロントカメラにEIS(電子式手振補正)が非搭載

Redmi K30 Ultra 開封・外観・デザイン

  • 付属のケースは、背面が硬めのプラスチックで四隅が柔らかめのTPUになっている。ぴったりとフィットするね。
  • Redmi K30 UltraとZoomを比較すると、背面カメラの真ん中に3つ目のマイクが搭載されているのが分かる
  • Redmi K30 UltraとZoomを比較すると、Zoomの方が丸みを帯び、Ultraの方が角ばっている(4:56
  • イヤーピースがスピーカーになったので、通話品質にさらに良くなった。
項目評価詳細
付属品Type-C to USBケーブル、チャージャー、TPUケース、Type-Cから3.5mmの変換アダプタ
チャージャ規格33W
  ○フルチャージに約55分
重さ・厚み219g、9.6mm
ゴリラガラス背面にゴリラガラス5を使用
スクリーン指紋認証動作も早く問題ナシ(K30Proと同等のスピード)
指紋認証の位置が下に下がった
顔認証動作も早く問題ナシ
MicroSDカード非対応
Type-CUSB 2.0スペック(HDMI出力ナシ)
赤外線センサー有り(家電のリモコンになる)
SIMカードNano SIM2枚
カメラ・センサー64 MP, f/1.9, 26mm (広角), 1/1.72″
13 MP, f/2.4, 119˚ (超広角)
5 MP, f/2.2, 50mm (テレフォト・マクロ), AF
2 MP, f/2.4, (深度)
スピーカディユアル・ラウドスピーカ
 3.5mmジャック ✕ 非搭載
 上部インターフェイス赤外線送信セン サー、予備マイク

Redmi K30 Ultra のスクリーン・レビュー

  • Redmi K30 Ultra のスクリーンは最高だ
  • 120Hzのリフレッシュ・レートはとてもスムーズだね〜
  • DC Dimming、オプションが無いので残念
  • UIに遅延に遅延を感じる場合があるが、ゲーマ以外は気が付かないだろうね。

120Hzの体感:Redmi K30 Ultra は120Hzのリフレッシュ・レートだけれどMi10Ultraの120Hzの方がスムーズに感じる。さらには、Galaxy Note 20Ultraの120Hzは一番スムーズである。

スポンサードリンク

スペック上では120Hzの実装となっているが、各メーカと機種によっては、体感が随分と違うみたいだ

項目評価詳細
スクリーン・6.67インチ
・SuperAMOLED(Super HD Plus)
リフレッシュ・レート210Hz(K30ProよりもUIの動作がスムーズ)
ノッチ無し
ディスプレイの質細部について調べたが問題無し
最大光度・1000ニット
・DC Dimming、オプションが無いので残念(画面のチラツキが抑えられる)
誤タッチスクリーン縁の誤タッチも防げる様になっている

Redmi K30 Ultra各種性能

  • チップセットDimensityシリーズの性能は最高だ
  • 120Hzなのにバッテリーの持ちがとても良い
  • 今回のレビューは中華・英語ROM版なので、Google PlayStoreをインストールする必要あり
  • 上部の各種メッセージ通知機能は問題なく動作
  • MIUIのタスクマネージャがバックグランドで待機させているアプリを、次々とクローズしている。どうりで、バッテリーが長持ちのはずだ。これじゃ、メモリが8GBでも意味が無いね〜
  • バッテリー持続時間11時間37分(8〜7時間の連続使用が可能)
  • GPUの性能も、Adreno650に匹敵する。Galaxy Exnos Note 20を凌駕しているので、驚きだ!
チェック項目評価詳細
CPUDimensity 1000+
OS Redmi 10X 5G は、Android 10にMIUI11を搭載
指紋認証スピード早くて正確
ROM/UIの操作性UIを操作した時のレスポンスはとても良い。
文字入力時のバイブタイプした時の、振動によるフィードバックも正常に動作する
ゴミアプリ 沢山インストールされてい。ほどんど削除可能
Widevine Levelレベル1(Netflixが、HDで視聴可)
Camera2APILevel3 API サポート
ROM空き容量100GB空/128GBモデルの場合
Antutu Ver8 スコア486298
Wifiスピード443Mbps(フラグシップを凌駕するスピード)
ストーレッジRandom Read/Write 229/312MB/s
通話音声品質とても良い
3.5mm音声品質非常に良い!!
音声ブルーツゥース接続問題なし
スピーカー音質良し(サンプル音:11:45)

Redmi K30 Ultra の価格は?

読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク