シャオミ

Redmi K30 Ultra 想像レビュー シャオミ最新スマホ

シャオミの10周年記念イベントでリリースされたのが、Redmi K30 Ultraだ。

コロボット

Techtablets.comのクリス氏による、RedmiK30 Ultraの想像レビューです。

おお、先日シャオミから発表されたばかりの、RedmiK30 Ultra。実機レビューとはまだいかないが、Techtablet.comのクリス氏が、Redmi K30との違いを説明してくれたぞ。

それでは、RedmiK30 Ultra想像レビューに行ってみよっ!

引用元:gsmarena

RedmiK30 Ultra想像レビュー

K30Proは僕の大好きなスマホだ。性能よし、ボディもスリムだし、ノッチ無しのフラットなスクリーンだ。

唯一の弱点は、スクリーンのリフレッシューレートが60Hzである事だ。

そして、Redmi K30 Ultraは、ついにアップグレードしたね〜。パネルはAMOLEDのままリフレッシュレートが、120Hzになったんだ。

スポンサードリンク

画面の明るさも1200ニットだ。指紋認証センサーの反応も、K30と同等に良いはずだし、タッチパネルのデジタイザは240Hzだから、レスポンスが良いこと間違いなし!

Redmi K30 UltraのUIは、もちろんMIUI12を搭載。

それから、スピーカーは底部に一つだけではなく、イヤーピースもスピーカになるので、ダブルスピーカとなる。

バッテリーは、4500mAで33Wのファースト・チャージャー搭載。
だから、フルチャージに必要な時間は、1時間未満だと思う。

Redmi K30 Ultraの価格がリーズナブルな理由は、チップセットにMediaTek Dimensity 1000を搭載したからだ。

Redmi 10xに搭載した、Dimensity 850の性能は感動的だったからなあ

Wifi、GPSのパフォーマンスは、フラッグシップ・レベルだから、動作もキビキビとして快適だ。

サーマル性能もよし。旧世代のMediaTekチップセットの性能は、悪かったけど、Dimensityシリーズは非常に良い。

Redmi K30 UltraのAntutuスコアは、539、786だから、Snapdragon865より、ほんの少し性能が劣るだけだ。

読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク