Alldocube M8 2019年 8インチ中華激安タブレット登場

コロボット
「今回は、Alldocube M8のレビューデス

コロボット
「Alldocube M8は、8インチ・タブレットで、IPSスクリーンを使用、ディユアルSIM対応で通話もでデキマス

チップセットは、Helio AX27の10コア、GPUはMali T8だから、処理能力は早くは無いと思うけど、価格はいくらなんだい?

コロボット
「販売価格は$120~130(約13500円)デス

え?!そんなに安いのか?

これは久しぶりの激安中華タブレットだ!!

2019年激安中華のお手並み拝見といってみョ!!

引用元:http://www.alldocube.com/

Alldocube M8はどんなタブレットなのだ?

  • 8インチタブレット
  • とにかく激安(約13、000円ナリ)
  • ディユアルSIM搭載なので通話もデキル
  • IPS液晶なので画質は決して悪くはない
  • 5500mAの大容量バッテリーなので、8時間連続使用が可能だ
  • ブラウジング、動画の視聴は全く問題ナシ
  • ゲームもなんとか、、あそべる

手軽に買える2台目のタブレット、マイタブレットとしてオススメの一品だ!

引用元:Banggood.com

Alldocube M8のスペックは?

Alldocube M8
  • 8インチ 1920x1200 IPSパネル
  • 10コア Helio AX27 SoC(2.6Ghz)
  • ラミネート加工(10タッチポイント)
  • RAM3GB、内蔵メモリ32eMMC 4.5.1
  • ディユアルMicro SIM LTE、MicroSD
  • ワイヤレスAC,BT4.2、GPS、FM
  • 5500mAhバッテリー(7~8時間)
  • アンドロイド8.0 ストックROM
  • 全面カメラ2メガピクセル+5メガピクセル
引用元:Techtablets

引用元:http://www.alldocube.com/

Alldocube M8を動画でチェック

スペイン発中華タブレット、スマホ専門レビューサイトTechtablets.comより、Alldocube M8の開封動画へバトンタッチだ

Techtablets.comは、世界の中華タブレット、スマホ・ファンの駆け込み寺だぞ。Koro-Techも、今は懐かしTeclast 98Plusがドライバーが見当たらず、Techtablets.comからダウンロードしたもんだ。

  • Techtablets.comへのリンク
  • Techtablets.comのサイト内から、中華タブレット・PCのROMやドライバーのダウンロードが無料でき出来ちゃうぞ。方法については、過去記事を参照してね。

 

Alldocube M8を開封レビュー 外観チェック(1)

Alldocube M8 外観チェック

  • 重さは354グラム・厚みは8.6ミリ
  • ボディはの周囲は、プラスチック製。背面は金属製で、マットな仕上がりになっている。
  • 上部にはType-Cのポート、マイクと3.5ミリのヘッドフォン・ジャックがある
  • 上部のカバーを取り外すと、マイクロSIMカードが2枚と、マイクロSDカード1枚のスロットがある
  • 128GBのマイクロSDカードを指したけど認識したよ
  • 内蔵ストーレッジが32GBなので、マイクロSDカードをストーレッジとして使用できる
  • 上部の大きなベゼルには、2メガピクセルのカメラを搭載、でも性能は良くない・・
  • 右側にあるボリューム・ボタンは、プラスチック製。高級感はないけれど、しっかりとした作りだ
  • 底部にはシングル・スピーカー(音質はあまり良くない)
  • HDMI出力もナシ

Alldocube M8を開封レビュー 外観チェック(2)

Alldocube M8 外観チェック

スポンサードリンク

  • 激安タブレットだから、スクリーンはラミネート加工されていない。
  • だから、タッチパネルとIPSスクリーンの間には、約1.5ミリの隙間がある
  • スクリーンの明るさは、最大400ルクスだから、とても明るいよ。
  • 画質も悪くないけれど、ラミネート加工されてないので、映り込みが激しいね
  • スクリーンは、全体的に普通程度だね。ラミネート加工されていないのが残念だ。
  • ストック・アンドロイド搭載なので、不要なアプリはインストールされていない。
  • FMラジオ付きだ。ヘッドフォンがアンテナ代わりになるよ。
  • セキュリティのパッチが、2018年2月だから、ほぼ1年経過しているね。セキュリティ・パッチは多分このままだろうね。
  • 内蔵ストーレッジの空き容量は23GBだ。でも、MicroSDカードで拡張できるからね。

Alldocube M8を開封レビュー 性能は?

Alldocube M8

  • GeekBenchスコア(シングルコア:1765、マルチコア4649)このチップセットにしては悪くない
  • Open CLスコアは、3740。GPSの精度は4m
  • Antutuスコアは、106372だけれど、HelioX23やX20でも同じスコアなんだよね。
  • Snapdragon625に相当する性能になるかな、あまりパワフルじゃないよね。
  • 内蔵ストーレッジ 読込135MB/S・書込96.1MB/S
  • ディユアルSIMの動作も確認したけれど、ちゃんと動作したよ。
  • Netflixは、SDモードでの視聴になる(HDは不可)
  • 内蔵バッテリーは、5500mAと大容量なので最大8時間は連続使用できたよ
  • ROMの性能(操作した時体感速度)は、同じチップセットを使用した他のタブレットよりも若干性能はイイよ。多分理由は、解像度が1920x1200だからだと思うね。他のタブレットは、2560x1600の解像度だったからね。
  • 通常使用では問題ないけど、複数のアプリを立ち上げると反応が遅くなるね。画面分割機能を使うと、、ちょっと遅くなるね。。
  • でも、Alldcube M8今までレビューしたHelioX20のチップセットの中、一番速いタブレットだ!
  • Wifiも4Gの感度も良好

Alldocube M8を開封レビュー 性能は?

Alldocube M8

  • PDFもまあ読めるね(解像度は最高ではないけれど、、よーく、注意してピクセルが見えるよ)
  • ブルーフィルターをカットする設定もある。
  • リーダ・モードにすると、白黒で表示される。
  • RAMサイズが3GBしかないのに、タスクマネージャー機能が良く動作してメモリの容量以内に動作を収めているね。
  • シングル・スピーカからの音声は、この価格帯のタブレットのスピーカは、普通はあまり音質がよくないけれど、Alldocube M8のは音量は十分だね。サンプル音もあるよ。
  • 3.5mmのヘッドフォン端子からの音質も良好。ノイズも無い。
  • ShadowGun Legendsの様の重たいゲームでも、画質の設定を「低」にすると、まあ、遊べるね。フレームレートは、60fpsから30pfsに落ちることがあるけれど。
  • PUBGも画質の設定を「低」にすれば、30pfs程度で、ちょっと動きがぎこちない時があるけれど、遊べるよ。
  • Shadow Fight 3は、動作に遅れがあるね。
  • Alldocube M8は、ゲームは動作するけれど、ゲームには最適なタブレットではないね。

  • フロントのカメラはなんとか使えるけど、、けっこう遅延があるね。。

Alldocube M8 コロテックのオススメ度は?

コロボット
コロボット「Alldocube M8のコロテックのオススメ度は?」

 ずばり、星4つだ!!」

さすが2019年の激安タブレットは、性能のバランスが良くなって来たぞ!

クリス氏の評価によると、HelioX20を搭載したタブレットの中では、一番快適に動作するタブレットらしいぞ!!

小学生のお小遣いで買える8インチタブレットだが、IPS液晶だから画質も決して悪くないし、マイタブレットとして十分に使えるぞ。

激安なので中華(ガジェット)度は満点だ!!

さすがに、2019年の激安中華タブレットは実力が違うね〜。

今年も、激安中華(ガジェット)が熱い!!

Alldocube M8はどこで買えるの?

Banggood.comにて11%オフで発売中!

読んでいただきありがとうございました!

Powerd by ココロが踊る中華テックノロジー。コロテック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です