Xiaomi Redmibook 13インチ緊急辛口レビュー

コロボット
「Techtablets.comのクリス氏から、Xiaomi Redmibook 13緊急レビューが到着デス・・」

ナニ?!!Xiaomi Redmibook 13はそんなに凄いのか?!

コロボット
「イエ・・サーマル性能が全然ダメみたいデス・・」

そ、、そうか・・がっかりだな・・

コロボット
「クリス氏の辛口レビューが楽しみデスネ」

そ、そうだな・・

引用元:ギヤベスト

Xiaomi Redmibook 13 のスペックは?

コロボット
「Xiaomi Redmibook 13 のスペックはコチラ」
13.1インチ1080p 非光沢IPSスクリーン搭載
第10世代 Comet Lake チップセット搭載
8GB DDR4 2666Mhz
Navida MX250(25W)
512GB SSD SATA3
USB3.1 Type-Ax2
D/C 65W チャージャー
3.5mmジャック
Windows10Home(中華版)
Wifiモジュール AC9642

引用元:Techtablets

引用元:ギヤベスト

Xiaomi Redmibook 13の外観チェック

Xiaomi Redmibook 13 レビュー
  • シャオミから昨年暮れに発売された最新のXiaomi Redmibook 13 だ
  • レビューは、i7モデル。i7をレビューすれば、i5のサーマルも性能もわかるからね
  • 梱包の箱はボコボコだけど、外側の箱は2重だから中身は大丈夫なはずだ・・と思ったら1重だぞ、
  • Xiaomi Redmibook 13 手に取った感じは、小さくて軽量な感じがするよ
  • 重さは1.24Kg(電源アダプター込みだと、1.6Kg)
  • 右側面には電源ポートと、ステータスLED、USB3.1ポート搭載
  • 本体の厚みは18mm、底部のすべり止めのゴムを含めると、21mm
  • 左側側面には、USB3.1ポートと、HDMI1.4ポートを搭載。HDMI1.4だって?!HDMI2.0にするべきだったね。2.0ならば、4k,60hzでの出力が可能なのに・・残念だ!
  • HDMI1.4だと、4Kの30hzが最大値
  • 3.5mmヘッドフォン・ジャック搭載

引用元:Techtablets

Xiaomi Redmibook 13の外観チェック(2)

Xiaomi Redmibook 13 レビュー
  • Xiaomi Redmibook 13 は、ボディ全体がブラシ仕上げのメタルになって、とても良い仕上がりだ
  • とても軽量な金属なので簡単に傷つくから、取り扱いには気をつけた方がよい
  • Redmi Desinged by Xiomiのロゴがボディに印字されている
  • 指一本で開けることができるからね
  • キーボドのレイアウトはとても良い
  • キーををした感じは、少し”浅い”感じがする
  • キーを押すと、周囲の金属よりも深くキーを押せるので、打ち間違い防止になるね。
  • 電源ボタンの位置が、ふつうDeleteボタンのある位置だよね。電源ボタンをもっと右上に配置した方がよかったんじゃないかなあ?
  • でも全体的なキーボドの仕上がりは良いね(Printキーもあり)
  • 残念ながら、Xiaomi Redmibook 13 にはバックライトがないね・・

引用元:Techtablets

Xiaomi Redmibook 13のスクリーンはどうだ?

Xiaomi Redmibook 13

  • Xiaomi Redmibook 13 のスクリーンは、非光沢仕上げで、ベゼルが薄いね~
  • ベゼルの幅は、約5.5mm
  • ところで、みんな気づいたかな?ウエブカムがないんだ。まあ、最近はスマホを使ってスカイプとかやるのが主流だからね。ノートPCにウエブカムがあると、プライバシーの問題とかもあるかもしれないし・・
  • スクリーンは、この角度しか倒すことができないからね。スクリーンを止めているヒンジもしっかりしているし、ゆがみもない。とても良い作りになっている

スポンサードリンク

引用元:Techtablets

Xiaomi Redmibook 13の内部構造は?

  • T5のトルクネジを緩めてXiaomi Redmibook 13の裏蓋を外す
  • ヒンジ側にある真ん中のゴムと取り外し、下に隠れているネジを外す
  • 底部の中央には空気を取り込む為のグリルがある
  • 両サイドにはハーマン製スピーカーを搭載している
  • サンプル音はあとで聞いてね
  • 排熱の為にパイプは2本あり、銅製のヒートシンクへ繋がっている
  • 冷却ファンは羽が一枚のみの大型タイプ
  • SSDは、SATA3 M2280、アップブレードしたければ、NVMeSSDへの交換も可能だ
  • 内蔵バッテリーサイズは、40Wh
  • パンフレットには13時間稼働すると書いてあったけど、、実際はその半分程度しかバッテリーは持たないんじゃないかな?次回の詳細レビューで検証してみるよ。
  • 空きスペースがないから、Wifiモジュールの交換、予備SSDのスロットのスペースはナシ・・
  • Xiaomi Redmibook 13は、GPUとCPU搭載。13インチの筐体によくこれだけ詰め込んだもんだ

引用元:Techtablets

Xiaomi Redmibook 13の問題のサーマル性能とは?

Xiaomi Redmibook 13サーマル問題

  • Xiaomi Redmibook 13のBOISへのアクセスは、DELETボタンかF2キーを押す
  • RAMスピードは、2666Mhz
  • 起動時のスクリーンを見てもらえばわけるけど、バックライトの光漏れはナイ。とても良いパネルだ。
  • 非光沢パネルの最大光度は、210ニットだから画面の明るさが全然足らなくて残念だ!
  • Xiaomi Redmibook 13は、Comet Lakeチップセットを搭載して、TDPが15Wで設定されている。25Wの設定も可能なんだけどなあ
  • サーマル性能が悪いね。まだ、GPUに負荷をかけていないのに、最高温度が98度に達しているよ・・
  • SSD性能は、READ512MB/S、WRITE502MB/S
  • GeekBench4のスコアは、シングル5169、マルチ13960
  • 性能がよくないね、サーマルスロットルの影響だね!!
  • しかも、メモリーがシングルチャンネルで動作しているね。。ディユアル・チャンネルであればマルチタスクの性能がもっとよいはずだったね。
  • Mi Book Proほどではないけど、底部スピーカーからの音質は悪くないね。

Xiaomi Redmibook 13のまとめ

Xiaomi Redmibook 13総合評価

良い点・・

  • 丁度よいサイズ感、重量、ビルドクオリティ
  • スクリーンのベゼルが薄い
  • スピーカーの音質が良い
  • キーボード、タッチパットの感じが良い

改善点・・

  • サーマル性能が悪い・・、冷却ファンがうるさい、
  • CPUの温度が98度に達し、サーマルスロットルがかかる
  • スクリーンが暗め・・
  • Type-Cを搭載してない、SDカードリーダが無い
  • SATA3 SSDのスペックが古い
  • シングルチャネルでRAMが動作

引用元:Techtablets

BMAX Y13 開封&動画レビュー 2020オススメ中華PC!

Chuwi Aerobook Plus 開封&動画 レビュー 衝撃の結論とは?一体ナゼ?

Xiaomi Redmibook 13はどこで買えるの?

世界のガジェットファン御用達、GEARBEST(ギヤベスト)にて販売中!

ギヤベストでの購入方法はコチラの記事みてね

読んでいただきありがとうございました!

Powerd by ココロが踊る中華テックノロジー。コロテック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です