Chuwi Aerobook Plus 開封&動画 レビュー 衝撃の結論とは?一体ナゼ?

コロボット
「今回は、Chuwi Aerobook Plusのレビューデス」

・・・

コロボット
「ドウされましたァ?」

コロテック(当サイト)の愛読者が言うには、レビューに入るまでの前振り長いと・・・

コロボット
「そうデスネ・・Xiomi Mi10のレビューは前振りが長い上に、内容も無茶苦茶でしたからネ〜、レビューに辿り着いた読者も少なかったノデハ・・」

そうなんだ、前振りが長いと・・

 

チュウイーされたんだ!!

コロボット
「・・・」

 

コロボット
「・・・サテ、Chuwi Aerobook Plusのレビューにいってヨロシイデショウカ?」

お、おい。なんだか冷たいじゃないか・・俺たちのコンビはお終いなのか〜!!

なんだか良くわからん展開になってしまったがっ、

いつも通り、Techtablets.comからChuwi Aerobook Plusのレビューにいってみようっ!

今回レビューを行うChuwi Aerobook Plusは、Chuwiからクリス氏にサンプル品として提供されたものだ。

だだし、辛口レビュー、クリス氏はサンプル提供されたからといって、レビューを甘くする事は無い!と最初に宣言しているぞ

果たして今回はどんな辛口コメントが飛び出すのか??

AliExpress Chewi Shopは、コチラ

Chuwi Aerobook Plusレビュー

コロボット
「Chuwi Aerobook Plusのスペックはコチラデス・・」

 

項目 詳細
チップセット Core i6 6287U
2 core 4 threads
SSD容量 256GB SSD(SATA3)
Wifi仕様 Intel Wireless AC 3165
RAMサイズ 8GB RAM DDR4 2133Mhz
バッテリーサイズ 55Wh
インターフェイス Type-C USB 3.1(PD2.0)
4k60 Type-C output
HDMI HDMI 1.4A, 2 x USB 3.0
MicroSD reader
OS Windows 10 Home
重量、幅 1.66Kg, 16mm

Chuwi Aerobook Plusレビュー 特徴はこちら!

コロボット
「Chuwi Aerobook Plusはこんな中華ノートPCデス」
中華ガジェット仙人
「Chuwi Aerobook Plus、ズバリ結論から参ろう」

Chuwi Aerobook Plusの15インチの割には、ビルドクオリティも良く軽い作業には適しておる・・じゃが・・

”第6世代のチップセットは遅すぎる、時代は2020年!!あと50ドル価格を上げてもいいから、なぜ、4コアを8スレッドを搭載しないんじゃ!!

そうすれば、4K動画の編集も可能でユーザ層が増えるぞ!!”

コロボット
「・・と、Techtablets.comのクリス氏が言ってオリマス」

いいね!

  • BEO社製のディスプレイBOE06CEは、とても良い(4K、明るさ340ニット、15.6インチ)
  • (コロテックでもBOE社のスクリーンをJumperEZbook4に使用したが発色がとても良い)
  • SSDの拡張スロットがある(M.2 2280スロット、SATA3もしくは、NVMe対応)
  • スピーカの品質良し(中華ノートPCにしては・・)
  • フルサイズ・キーボードを搭載(バックライトあり)
  • スリムで軽い作り(1.66Kg)
  • Chuwi Aerobook Plusのサーマルの性能良し、サーマルスロットリングはかからない

イマイチ・・

  • 第6世代SkylakeのCorei5-6287Uは、古い
  • RAMの増設不可
  • バッテリーが5〜6時間しかもたない
  • Chuwi Aerobook Plusのウエブカメラが貧弱

Chuwi Aerobook Plusチェックリスト

チェック項目 評価 詳細
ビルドクオリティ 素材は金属性
キーボード
サイズ、タイプした感じも良し
タッチパッド
細かい作業に不向き・精度が悪い・マウスをオススメする
ゲーミング
ゲーム用の性能ではない・・
4Kビデオ編集 パワー不足
チップセット
Core i6 6287U、第6世代だから古い
電源アダプタ
65W(19V、3.42A)
チャージ時間
フルチャージに2〜3.5時間
バッテリー持続時間 5〜6時間

 

引用元:Techtablets

AliExpress Chewi Shopは、コチラ

Chuwi Aerobook Plus レビュー 外観チェック

Chuwi Aerobook Plus外観チェック

  • Chuwi Aerobook Plusの背面の素材で金属性
  • スピーカは本体から下に向けて音が出る様になっている
  • M.2 Type 2280 SSDスロット内蔵
  • 256GBのSATA3SSD以外に空のスロットがあり、上限2テラバイトまでのSSDを増設可能
  • 増設用のスロットであれば、NVMeSSD増設が可能だ!良いニュースだね!!
  • 裏蓋を開けてみると、内部の空間に余裕があるから、、RAMの増設スロットとか設置しても良かったんじゃないの?
  • 画面底部にあるのが55Wの内蔵バッテリー
  • ブラスチックのカバーで全体が固定されている
  • 内蔵スピーカーに特徴があって、大きめで低音も再生される。ほとんどの中華ノートPCは音が悪いからね〜
  • でも、Chuwi Aerobook Plusは音がいいよ
  • サーマル用のカッパーシンクが見えるね
  • Chuwi Aerobook PlusのRAMは残念な事にマザボに直接はんだ付けされている
  • RAMのアップグレードは不可だ
  • 冷却用のファンはサイズが大きめ
  • WifiカードとRAMのアップグレードで出来ないのは残念だな〜
  • Chuwi Aerobook Plusは、非光沢の金属素材で出来ている。とても良いビルドクオリティだ
  • 厚みが11mm(ゴムの足を含まない)だから薄いよね
  • 重さが1.66キロ

左側面

  • Chuwi Aerobook Plusの本体、左側面に充電状態を通知するステータスLED
  • USB3ポート、HDMI1.4、Typ-Cはフルスペックだから充電も可能!
  • Type-Cのビデオ出力は、4Kの60pfs

右側面

  • 3.5mmジャックからの音声は、ノイズや金属音もなく良好だ
  • USB3ポート
  • MicroSDカードリーダのスペックは、、、USB2.0だから、読み書きのスピードの上限が22〜23MB/s

引用元:Techtablets

中華ノートPCにしては・・音が良いと褒めていたぞっ

コロボット
「・・・それは、褒め言葉なのデショウカ??」

まあ、良いことなんだろう。

Chuwi Aerobook Plus レビュー 外観チェック その2

Chuwi Aerobook Plus

  • ブランドのロゴは、前モデルと違い本体カバーの右下に小さくあるだけ。
  • 片手で軽く開くことが出来る。ヒンジも十分に安定している(スクリーンがぐらつかない)
  • パームレストも金属製だ。
  • スクリーンは一定の角度までしか倒れないね。完全にフラットになる事はない
  • Chuwi Aerobook Plusタッチパットはとても大きく、Windows10ジェスチャーに対応
  • タッチパッドを使っていて気づいたんだけど、細かい操作をしようとするとカーソルが大きく動く事があるんだよね〜
  • タッチパットの左右には静音タイプの物理スイッチを使用している。
  • キーの感覚と押した時を感じはとても良い
  • Chuwi Aerobook Plusのキートラベルは約1.5mm(キーを1.5mm押し下げると入力出来る)
  • バックライト搭載していて、キーの隙間から光が漏れることはないね〜
  • Chuwi Aerobook Plusのスペース・キーに問題があって、、スペースキーの左右の端の方を押すと7割の確率でしか反応しないんだよね。
  • スペースキーの真ん中を押すと大丈夫なんだけどね。

今回のレビューモデルはサンプルなので、市販のモデルではChuwi Aerobook Plusのシフトキー問題を解決する予定

  • キーボードは、矢印キー、数字キー、スクリーン・プリントのキーもちゃんとある。

引用元:Techtablets

スポンサードリンク

Chuwi Aerobook Plus レビュー 各種性能

Chuwi Aerobook Plusレビュー各種性能

  • Chuwi Aerobook PlusにはBIOSはロックがかかっていない!!嬉しいニュースだね〜
  • CPUや、PowerLimitの設定が変更可能だ。でも設定には気おつけよう、Chuwi Aerobook Plusが文鎮化してしまうので・・
  • 動画上ではスクリーンの明るさにチラツキがあるかもしれなけど、これは撮影しているカメラが原因だからね。
  • SSDは、NetacSSD(SATA3ドライブ)を使用
  • ベンチマークは、読み(536.5MB/s)、書き(448MB/s)
  • SSDはあまり早くないね・・PCI Express SSDだったらもっと早いのに。。
  • 出荷時の空き容量は206GB
  • Wifiカードは、AC3165を使用
  • Wifiの最大スピードは、380Mbpsだから、、まあ、、普通の速さだよね〜
  • Window10Home バージョン1909
  • RAMは8Gのディユアル・チャンネルで動作
  • Chuwi Aerobook Plusのディスプレイは15.6インチのBOE社のパネルを使用
  • 液晶の最大光度は、314ニットなのでとても明るい
  • グロスパネル(光沢パネル)なんだけど、一番暗くしてもまだ明るんだよね〜
  • グロスパネルだからスクリーンが反射しやすいのが難点だね〜
  • 非光沢のスクリーン・プロテクターを貼ればなんとかなるかな
  • Chuwi Aerobook PlusのAdobe RGB値は74%、TRCで測定すると69%、95%SRGB
  • つまり、Chuwi Aerobook Plusのパネル自体はとても良いと言える。
  • でも、スクリーンの上部を見るとほんの少し光が漏れているのが分かる。
  • 画面を真っ黒にしない限り気にならないね。まあパネルの個体によって多少のばらつきはあるだろうね。
  • 4K動画を鑑賞するには最高のパネルだ
  • パネルのベゼルは非光沢。上部のウエブカメラの左右にはマイクが内蔵。
  • ウエブカムのクオリティはお粗末だね・・

引用元:Techtablets

Chuwi Aerobook Plus レビュー 性能評価チェックリスト

コロボット
「コチラがChuwi Aerobook Plusのチェックリストになりますネ・・」

 

 

チェック項目 評価 詳細
ビルドクオリティ 素材は金属性でとても良い
チップセット
Core i6 6287U、第5世代だから古い
電源アダプタ
65W(19V、3.42A)
チャージ時間
フルチャージに2〜3.5時間
バッテリー持続時間 5〜6時間
素材 金属
RAMアップグレード 不可
Wifiカード交換 不可
Wifiスピード
普通 380Mpbs
Type-C給電 可能
内蔵スピーカ
中音、低音ともに十分
内蔵スピーカ
中音、低音ともに十分
ディスプレー
色調良し、光沢パネルだから反射する、314ニット
SDD増設
M.2 Type 2280 SSDスロット内蔵。2テラバイトまで増設可能
SDカードリーダ
USB2.0だから、読み書きのスピードの上限が22〜23MB/s
3.5mm音質
ウエブカメラ お粗末・・
ファンノイズ
負荷をかけない限り気にならない
Max Turbo設定
3.5Ghz 3.5Ghzと低く設定されているね〜。4.8〜4.5Ghzが今では標準
ゲーム性能 無理

Chuwi Aerobook Plus レビュー 性能は?

Chuwi Aerobook Plus

  • Chuwi Aerobook PlusのCPUは、SkylakeのCorei5-6287Uを使用
  • Intel Iris Graphics 550を使用
  • 2コアの4スレッド
  • Max Tuboスピードは3.5Ghzと低く設定されているね〜。4.8〜4.5Ghzが今では標準だよね・・
  • 3.5Ghzじゃ性能に影響するよ。
  • TDPの最大値は28W(15WのノートPCよりも上)
  • 14nmプロセスを使用しているね。28nmみたいに古くはないけど、最近は12nm plusに進化しているからね。。
  • Youtube、Twitterをブラウジングしてみると、とても動作がスムーズな事がわかるね。2コアでも十分だ。
  • 4Kの動画再生も問題ナシ
  • 10ビットのTVCファイルを再生すると、最初の動きはぎこちないけど一旦読み込んでしまえば、、スムーズにデコード再生されるね。
  • Gemini Lakeチップセットと同等の性能だ。
  • 4K60pfsを再生すると・・さすがに重すぎだね。。15fps程度しか動作しない・・予想通りこれがChuwi Aerobook Plusの性能の限界だ。
  • 4Kビデオの編集は無理だね・・
  • Type-Cポートは、4K、60Hzで再生が可能
  • 使用するケーブルも大切だ、Type-C – HDMI2ケーブル
  • HDMIポートは、HDMI1.4だから上限が30Hzでの再生になる
ベンチマーク 評価 詳細
Cinebanch R15
320CB、2020年なのにスコアが低すぎ
Cinebanch R20
730CD、スコアが低すぎ
Geenk Bench
シングル842、マルチ1855平均的・・

結論:Chuwi Aerobook Plusの性能的には、ブラウジング、ドキュメント編集、表計算などの軽作業に向いている

引用元:Techtablets

Chuwi Aerobook Plusのゲーム性能は?

ゲーム性能等

  • Counter Strikeは、40fpsの1080pで動作。ゲームは軽めで、1080pにしておけば動作するね。
  • Chuwi Aerobook Plusのサーマル温度は、最高82度に達しているね。冷却ファンが動作するからサーマルスロットリングにはならないね。
  • サーマル性能はとても良い。6時間動作で最高81度だ。
  • バッテリーの持続時間は、ディスプレイの明るさを暗くすると、5〜6時間だね。あまり、、持続時間はよくないね・・
  • Linux Mintは起動しないね・・
  • スピーカは下向きだけど、音はなかな良いね。中域、低域の音が良く出ているよ。Chuwiよくやった〜!!
  • 空冷ファンのノイズだけど、ブラウジングをしている限り、ファンが起動する事はないね。。
  • 負荷のかかる作業を始めると、空冷ファンが回る初めるね〜(負荷100%の時のファンノイズ17:26)

読んでいただきありがとうございました!

Powered by ココロが踊る中華テックノロジー。コロテック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です