Parallels Desktop 13 レビュー 大失敗?!

Parallels Desktop 13 購入も大失敗?!

ある日ジャンクメールを整理していると、おや、Parallels Desktop 13 3割引のメールが来ている。しかも、セール期間はあと3日と書いてあり、カウント・ダウンしている。急げこれはチャンスだ!

Fw: Hours Left! Save 30% on Parallels Desktop 13 for Mac

 

僕は普段、エクセルを使う仕事はWindows、ブログ、執筆活動など、クリエイティブな作業はMacと住み分けしてきた。特にMicrosoft Officeは、Windowsで動かすのが一番快適だ。

Windowsのパソコンと、Mac2台を物理的に行ったり来たりするのが煩わしいので、BootCampを使用していたが、再起動してWindows切替の為に要する時間に5分くらい時間がかかってしまう。

うむー、これはどうしたことか?

そこで、思い出したのがParallels Desktop。Macで作業をやりながら必要に応じてMacOSの上でWindowsを起動して、Windowsでの作業が出来るので”超”便利なはず!

実は、Windows XPの時代にParallelsを使用していた事がある。Windowsにしか対応していないデジカメのソフトを持っていたので、とても役に立った。Windows専用のマシンを準備する必要がないので、Windowsマシンをちょと使いたい時にすごくべんり。

と、信じ切って、無料トライアルを無視してParalles購入のページへジャーンプ。3割引きの価格になっている。

支払い方法が2種類あるらしい。年間定期購入と、このバージョン限りの選択肢があるぞ。

年間定期購入だと、Parallesの新バージョンが発売されても、無料でアップグレードできる。でも、このバージョン限りだとParallesの新バージョンをあたらたに購入する必要があるらしい。

ここは、年間定期購入を選択。2年目以降も3割引の価格で更新できるのではと思っていたが、通常価格に戻る事を後から発見。

ちなみに、年間定期購入を選んだとして定期購入のオプションをいつでも解除できます。だったら、とりあえず年間定期購入にしておいた方が、一年以内に、バージョンアップした場合に無料で手に入れる事ができるのでお得かも。

ともあれ、ポチってダウンロード、インストールを開始。

ところが、インストール中にこんなエラーが。”Paralles Desktop cannot be started.”(パラレルデスクトップが起動できません)

スポンサードリンク

ParallelsのFAQで調べるとどうやらウイルスソフトで原因らしい。特に、AVG Antiviusがピンポンとで問題みたいだ。

ウイルスソフトを一時的にOffにする事で

“Paralles Desktop cannot be started.”(パラレルデスクトップが起動できません)を回避する事ができ、無事インストール完了。

 

ParellesがBootcampからWindowsを起動?

Parallesを起動して最初に、気がついたのはBootcampのオプションがあることだ。

3年くらい前のParallesにはこんなのなかったな。。どうやら、BootCampのパティションにある

Windowsを読み込んで直接Parallelsで起動する画期的な機能だ。ちょっと、まてよ。という事は新規Windowsのライセンスの購入は不要?

ところが、このBoot Campからの起動を選ぶとWindowsが、遅い、、ものすごく遅くてマウスのカーソルを動かすのがやっとのレベル。

大切な事を言い忘れてましたが、筆者のマシンは Mac mini Late 2012 RAM 8G、8年年前はParallesでWindosXPが動いていたが、どうやら、Parallesも当時と比べて機能満載になり、Window10はXPよりも重くなっている。。

CPUのコアの数とメモリーの割当を増やしたが改善の兆しは見られず。

やはり、最新のスペックでなければ動かないとVirtual Machine(Parallels)は難しいのか??

今度は、BootCampではなく、Windows10をインストール。が、しかしこれも、遅すぎ。。。最軽量のMint Linuxがなんとか動く程度。。

という訳で、Parallesを購入したもののMac mini Late 2012では遅すぎて使用できず!

ちなみの、うちの奥さんの所有する2017年に購入したMacbook Proではサクサク動きました!

結論というか反省点

  • マシンのスペックに自信のない人は、購入する前に無料トライアルでWindowsの動作スピードの確認をした方が良い。
  • Parallelは定期的に割引セールをやっているので、そのタイミングで買おう
  • Parallelsを購入する時は、とりあえず年度毎更新で購入しておけば、1年以内にParallelsがバージョンアップになった時に無料でアップグレードできる。購入してから1年が経過する直前に、年度更新をやめればOK、もしくは継続するか決める。

自動更新するかのオプションは、自分のParallesのアカウントで設定できる。

Parallesの購入はこちらからどうぞ

Powered by Koro-Tech

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です