激安 ワイヤレス ブルートゥース ヘッドセット レビュー 1500円

オーストラリアKmartにて激安ブルートゥースのヘッドセットを発見!

Kmartといえばアメリカが本家であるが、ここオーストラリアにもKmartは存在する。

Kmartでは、衣料品、生活雑貨、アウトドアグッズ、家電製品が販売されている。(アメリカの様に拳銃は売られてないので安心!)

以前は、値段が安くて品質もあまり良くなかったが、ここ数年は、値段が安くてクオリティとデザインの良い商品を沢山扱うようになった。

シドニーは相変わらず物価が高く、地区40年の2LDKのマンションを購入するのに、なんと、最低8000万円以上。。そんな中Kmartで消費者の味方である。

久しぶりに、近所のKmartに立ち寄ってみると、おや、ブルートゥース・ヘッドセットが販売されている。home & COはKmartのオリジナルブランドだ。

その価格がなんと、19豪ドル(日本円で約1500円)これは、激安だ。

Boseのノイキャン付、Bluetoothのヘッドセットが23台は買える価格だ。

しかも、シンプルで上品なデザインに仕上がっている。Boseのブルートゥース・ヘッドセットが欲しかったけど、激安なのでこれで決まり!

 

早速開封して手にとって見ると、随分と軽い。。19ドルの軽さだ。

音質は大丈夫なのかな?

SONYのヘッフォン・スタンドに一応、、載せてみる

なんと、折りたためる。気づかなかった、

スペックは、以下の通り

電源持続時間・通話時間:10時間維持以上

Bluetoothの電波の届く距離:10m以上

充電時間:4時間

スピーカ径:40mm

インピーダンス:32オーム

再生周波数:20HZ-20KHZ

スマホと接続して、通話がもできるぞ!

あまりにも軽いので計量すると、なんと、161g。軽すぎないか??

スポンサードリンク

 

19豪ドル ワイヤレス・ヘッドフォン その音質は?

4時間チャージと書いてあるので、まず充電をし、スマホとブルートゥースで接続を行う。

どうやら、充電中はブルートゥースで接続は出来ないみたいだ。その間は、付属のケーブルで直接スマホへ接続して使用する。

早速、YoutubeでJazzを聞いてみると、、これが意外に悪くない。たしかに、音質だけに注目すると、低音はスカスカだし、音の柔らかさはない。だが、注目するのは音質だけではない。全体的なバランスが大切なのだ。

超軽量、超激安、ワイヤレスヘッドフォンでしかも、無難なデザイン。通話もできるし、10時間バッテリも持つらしい。

むむ、これは、アタリかも。もちろん、Boseのノイキャン付ワイヤレスの足元にも及ばない。それは、ポルシェとママチャリを比較する様なものだ。

近所にコンビニに行くのにポルシェは必要ない。

しかも、軽いのでヘッドセットを装着した時に違和感が無い!さらに、BoseのQueitConfortが230gに対して、19ドルヘッドセットは161g。

どうだ!スペックで勝っているぞ。笑)

ワイヤレス・ヘッドセットを使うのは、今回始めてだったので、ケーブルが無い事への”自由”に超感動!! 19豪ドルでこんな感動が味わえるとは!

シドニーの街ではみんな、ワイヤレスのヘッドセットを使っているのをみかけるけど、筆者は遅めのデビュー。実は、筆者は”超”電磁波アレルギー体質だったので(過去ブログ参照)、ブルートゥース・ヘッドセットを使うのを敬遠してきた。だけれども、実際使用してみて問題なかったので安心。

10mブルートゥースの電波が届くを書いてあったけれども、壁をはさむと5m程度しか届かない。まあ、そのくらいの電波が弱い方が身体には優しいと思う。

結論

19豪ドル(約1500円) ワイヤレス・ヘッドフォンは間違いなく、お買い得!でも、日本では手に入らないだろう?!(おそらく、Aliexpressとかで手に入るかと思うが。。)低価格で、ワイヤレスヘッドフォンの”自由”を手に入れる事ができるのは感動だ。

日本のアマゾンでもさすがに、1500円では販売されてないぞ。いちばん、近い商品はこのあたりかな?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です