Tile Mate 紛失防止タグを紛失?

Tile Mate 紛失防止タグがなくなった!

が、最初のTile Mateを購入したのは、日本に一時帰国する直前。自分のスーツケースを到着先の空港でトラッキングする為である。たくさんの旅行客の手荷物預かりのターンテーブルに吐き出されている時、自分のスーツケースが近づいている事ができればとても助かるのではないかと考えた。

成田に到着し、モトローラのスマホのアプリを立ち上げた。次第にターンテーブルに乗客の荷物が回り始めた。だが、いくら待ってもブルートゥースのビーコンをキャッチする気配はない。気づくと目の前に自分のスーツケースが通り過ぎ様としていた。

あわてて、重いスーツケースを持ち上げた。どうしたのかと思い、みてみるとスーツケースにぶら下げとておいたTile Mateがなくなっているではないか。。結んでおいた紐がちぎれ落ちてしまったのである。どうやら、紛失防止タグを始めての使用で ”紛失”してしまった様だ。やれやれ。

スポンサードリンク

気を取り直しアプリを使いTile Mateの現在位置の特定を試みる。ブルートゥースの圏外でも、同じアプリを利用しているユーザのスマホ経由でTileの位置情報が分かるはずだ。アプリの地図上をみてみると、意外にもTileがまだオーストラリアにいるではないか。

地図を拡大してみると、空港の待合室の外にある滑走路にころがっているではないか。。落ちている位置から想像すると荷物を飛行機に積み込むトラックから外に転がり落ちた様だ。滑走路上では、回収は不可能である。

なんとか、自分のスーツケースは無事到着したが、何か大切なものを無くしてしまった様でがっかりである。数カ月何度も位置を確認したが、同じ位置からビーコンを発信し続けた。

その後、救出される術もなく一年後にビーコンが途絶えてしまった。泣)

Powered by Koro-Tech

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です