(後編)ラズパイを宅配業者が紛失してしまった件

ラズパイをe-Bay Australiaで購入。翌日配達の予定だったったが宅配業者が紛失。

宅配業者の名前は、CourierPlease。業者に調査依頼をお願いしたが、電話の受付の女性が今担当者が”調査中ですので、明日また電話します”との事。もちろん、電話はかかってこない。電話受付の女性のやる気のない雰囲気が漂ってくる。日本と違いカスタマーサービスのレベルはまだ低い。

早速この業者のレビューをググってみると、、なんてこった!! 評価の星2で、最悪に2965評も入っているではないか!

レビューを読んでいると目を覆いたくなる様な内容が。。例えば、セブンイレブン届いた自分の宅配を取りに行ったが、引換券に書いてある番号が間違っていたため、コンビニのカウンターの後ろに見えている、自分の宅配荷物を受け取れないとか。業者に電話しても”調査中ですので、明日また電話します”とか。あれ、どこかで聞いたセリフだな。さらには、割れ物注意の荷物を乱暴に扱った業者に注意すると、壊れてもどうせ保険で保障できるだろ、との捨て台詞。など、など、

確か日本郵政が数年前オーストラリアのある宅配業者を買収して損失を出したけど、カスタマーサービスのレベルがあまりにも違いすぎるのも、おそらく原因だったんじゃないかな?

スポンサードリンク

あ、もうラズパイ駄目だな。。と諦めていたが。とりあえず、イーベイの販売元に連絡してみよう。事情をメールで説明して戻ってきた神様の様な返事!

”連絡ありがとう。心配しないで、ラズパイ3を何とかして届けてあげるから。” ロブより

す、すごい、感動だ。。宅配業者の最悪なカスタマーサービスで気分が落ち込んでたのが一気に吹き飛んだー!

ありがとうロバート(イーベイのお店の人)

日本のカスタマーサービスって、マニュアルがあって全体的に良いんだけど、オーストラリアは当たり外れが激しい。良い人にあたると最高なサービスを受ける事ができるけど、外れだと最悪な事になる。

そして、それから3日後。。外出中に宅配業者が来たらしく、不在届が郵便受けにあったの。さっそく、因縁のコンビニへ受取に。。ドキドキだったが今回は無事ラズパイを確保。

パッケージを見てみると、なんとこのライズパイ日本製だ。ググってみると、中国製、イギリス製造、日本製のRaspberry PI3があるみたい。

なんとか手に入れラズパイ。

”Made In Japan”の文字がいつもより輝いて見えた。(完)

前の記事:(前編)ラズパイをオーストラリアの宅配業者が紛失した話

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です