Dマガジン閲覧に最適、10.1インチ激安中華タブレット レビュー

日本のアマゾンで10インチ中華タブレットを購入

Banggood.comで購入しようと考えたが、前回のTeclast 98plus の文鎮化で翻弄されたトラウマからまだ回復していないので、日本のアマゾンで購入することにした。無難なタブレットを物色していると、16,000円 NPOLEの10.1インチタブレットにたどり着いた。

価格が若干高めなので激安とまでは行かないが、10.1インチの画面でこの価格のタブレットは見かけない。NPOLEブランドって初めて聞くけど一体どこのメーカなのだろう?Googleでリサーチしたが情報はほとんどない。USのアマゾンではNPOLEブランドの低価格タブレットとして販売されている様だ。パッケージを見るとヨーロッパでも販売されている。

このタブレットの目的は、Dマガジンを快適な画面サイズで読む事。今持っているipad miniでは文字が画面が小さすぎて、雑誌の全体を見渡すのが難しい。その点10.1インチ・タブレットであれば、A4サイズのページも快適に読めるはずだ。

本来であればiPadが理想的であるがそこまでの予算がないためにアンドロイド・タブレットとなった。NPOLEの10.1インチ・タブレットでDマガジンを開いてみると、ページ全体が見渡せて快適である。IPSディスプレイなので小さな文字もちゃんと読める。

小型タブレットでDマガジンを読むと全体が見渡せないので、雑誌を読んでる感じがしなかった。どちらかと言うと覗き読みしている感じだった。その点、NPOLEの大型タブレットは、データの読み込みもスムーズだし、まったく問題ない(Wi-Fiの受信感度が弱いので気をつけて)。これは、Dマガジン閲覧用に快適なタブレットを見つけた!

しまも、キンドルのアプリで本を読むと文字が大きくなり以外と快適である。Kindeはキンドルで良いが、大型タブレットも悪くない。

問題なのは、大型タブレットだけに重量は500gと若干重め。そこで、Ankerのタブレット・スタンドを使用してみると大型タブレットもガッチリ受け止めてくれるのでこれまた快適。最高の組み合わせだ。

NPOLEの10.1インチ・タブレットブレットを3ヶ月ほと使用して気づいた点を以下にまとめてみた。

結論

  • 価格の割には画面は綺麗である。はじめからついてるスクリーンプロテクターは外した方が画面の写りが良い。(ipadのRetinaと比べると画質は、格段におとるが。。)
  • Wifi電波の受信強度は弱い
  • 使用しないで2日程度放置しておくとバッテリー完全放電してしまう
  • スピーカの音質はかなり悪いが、ヘッドフォンを使うと音質の問題はクリアできる
  • 体感速度は、Nexus7タブレットと同程度のスピード
  • リブートしたときの起動が遅い、、1分くらいかかる
  • Andoriodのバージョンが6.0のままである

Dマガジンの閲覧に最適でリーズナブルな大型タブレットだと思います。

スポンサードリンク

低価格の中華タブレットは、Wifiの受信感度が弱い場合が多いので、Wifiの中継機を使用すると快適に使う事ができる。

Anker タブレット用スタンド 角度調整可能 iPad・iPad mini・Nexus 7等 (シルバー)

iPadminiとのサイズ比較

もちろん他社のフラッグシップモデルと比較してはならない。。

雑誌の閲覧に最適な大きさである

Ankerのタブレットスタンド。安定感抜群の逸品。大型タブレットとの相性もバッチリ!

読んでいただきありがとうございました!KoroTech

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です