シャオミ Xiaomi Mi 8 開封 レビュー 最高スペック フラグシップ 

TechTablets.comより、シャオミ Xiaomi Mi 8 レビュー動画

スペイン発、中華タブレット・レビューの専門性サイトTechTablets.comのクリス氏による、シャオミ(Xiaomi)フラッグシップ・モデルMi 8の 開封レビュー動画の初回分。

Xiaomi Mi8については、3本のフォローアップ動画あるので、こちらも要チェック!

シャオミ(Xiaomi ) Mi 8 高性能デュアルバンド GPSに大きな誤差あり?!

シャオミ(Xiaomi ) Mi 8 最高スペック・スマホがOTAでさらに進化

Xiaomi Mi 8 Explorer Edition レビュー動画(スケルトン・タイプ)

(本ブログは、クリス氏の許可を得て翻訳しています)

シャオミ Xiaomi Mi 8 レビュー

シャオミから新しいMi8の登場です。Snapdragon845を使用するスマホは、Black Shark(ゲーム専用スマホ)を含めるとこれで3代目だね。

Mi Mix 2s、Black Shark、Mi8の3台になる。

このスマホは、ディユアルGPSを搭載している、スマホをレビューするのは初めてだ。

ディユアルGPSは、レベル1とレベル5の周波数を組み合わせている。GPSが精度どれだけ上がるか興味があるよね。

内蔵メモリ6GB、内蔵ストーレッジは最大256GBだ。もちろん、Dual SIMサポートで、MicroSDカードの対応もない。

3.5ミリのヘッドフォン・ジャックのサポートも無い。これらのオプションが必要だったら、このスマホは合わないかもね。

残念ながら、ノッチ付だ。個人的には、ノッチが流行っているのは好きではないが。。ノッチを隠す事ができるのか後で確認しよう。

ディスプレイは、サムソン製のAMOLEDパネルを使用している。画面解像度2248x1080。

AMOLEDパネルなのMi Mix 2sのIPSパネルよりも良いはずだ。

シャオミ Xiaomi Mi 8 開封

深センの会社から購入。しっかりと、パッキングされてね。スマホのケースの封がもう切られているから、Google Playをインストール済だ。TypeCからUSB3のOTGのケーブルも入っている。

動画をクリックして開封を確認。

スマホの付属ケースは入っているかな?よくある透明のTPUケースでなければいいけどね。中国語バージョンだからマニュアルは、すべて中国語。

やっぱり、付属のケースはTPUのやつだね。RedMe Note5の付属ケースとおなじだね。安っぽいんだよねこれ。

それから、3.5mmジャックのアダプターも付属。充電器は、クアラルコムのクイックジャージ4。出力は、12Vで最大1.5Aだ。

シャオミ Xiaomi Mi 8 外観 チェック

ノッチの幅は大きいね。音声を聞く部分の穴の大きさは思ったよりも小さいね。フロントカメラは、20メガピクセルのカメラを搭載。

真ん中のちょっと右側にあるのが赤外線のセンサーで、暗闇でも顔認証が動作する様になるよ。3Dトラッキング機能はMi 8 Exploreモデルのみになっているけど、数週間で付けてくれるとイイよね。

上部にノッチがあるのに下部のベゼルも随分大きいよ。TypeCのポートとアンテナの線が見える。ラウドスピーカーとマイクもあるね。

 

スマホの背面はゴリラガラス”4”だと思うけれど、ゴリラガラスのバージョンは正式には公表されていないね。

角は丸みを帯びていて手で持っていてとても心地よいね。フレームの周りは金属性なので、プリミアム感があるよね。そして、右側にボタンが配置されている。

右側にはSIMトレイがあってDualSIM対応だね。SIMトレイの縁にゴムが付いているので、塵とか入ってくるのを防いでくれる。

カメラは、12メガピクセルでディユアル・ピクセル・オートフォーカスの顔検知機能付き。オートフォーカスでピクセルサイズが1.4μm。

光学式手ブレ防止機能と、電子機器手ブレ防止機能(おそらく1080pまでだと思うけれど)搭載。背面のカメラの性能は良いはずだ。予備のカメラは2倍のズームが付いていてサムソン製の12メガピクセルのカメラを積んでいる。

 

背面にある指紋認証機能は、オンスクリーン・指紋認証がほしければ、Mi8 Exploreモデルでないとサポートしていないよ。

Mi MX 2sと比較すると、デザインは似てるけれど、個人的にはMi MX 2sの方が好きかな。Mi MX2は背面がセラミックで出来ているし、傷もつきにくいよ。Mi MX2sの方が小さいね。付属のケースを付けれるとこんな感じだけれど、レンズはそのままなので傷つきやすいね。

重さは175グラム。厚みは、7.7ミリで、カメラの膨らみも含めると、8.65ミリになるね。上には、予備のマイクとアンテナ線がある。残念なことに赤外線受信センサーは無いね。

電源を押すと振動して立ち上がるよ。お店でGoogle Playをインストールしてくれたので、初期設定はスキップしてそのままアンドロイドが起動する。

シャオミ Xiaomi Mi 8 起動 チェック

UIは、MIUI10なのかな?(起動した画面を見て)ワオ、iPhone10にそっくりだね。

スポンサードリンク

UIのバージョンは9.5だね。10はまだベータ版だからね。内蔵ストレージ128ギガのうち、空き容量は116ギガ程度だね。

アンドロイドのバージョンは、8.1だ。以前レビューしたBlack Sharkは8.0だったね。

カメラセンサーの情報

背面のメインカメラは、ソニーのIMX363を使用、予備のDIPカメラはSAMSUNGのセンサーを使用している。フロントのカメラもSAMSUNGのセンサーだ。

スクリーンの設定でノッチを隠す事ができる。設定が、フルディスプレイモードの奥に隠れているよ。個人的には、ノッチが無い方が好きなんだよね。

ノッチ有りとナシの比較

ノッチがあるとキャリアの信号が見えなかったり、バッテリーの残量が下に来たり。ノッチがある為にUIで妥協しているんだよね。

ついに、シャオミのスマホでもオンスクリーン・ディスプレイがみれる様になったね。これ、いいよ。バッテリーは多少消費しても、時間とか不在着信とかみれるから便利だよ。

AMOLED液晶の視野角度は最高だね。”黒”の発色がこのパネルにしては思ったよりも良くないね。でも、Mi MXS2のIPSパネルよりもイイよ。

不要なアプリはいくつか入ってるけど、削除できるよ。

DRM情報については、Treble Projectに対応してないね。パティションAだけで、AとB両方は対応していないよ。

シャオミ Xiaomi Mi 8 性能、顔認証

Antutuのスコア(27092)は最高だね。Black Shark よりも早いよ。僕の、Mi MX2sより早い。

顔認証機能を赤外線センサーでやってみるね。まず、自分の顔写真を撮って、オンにすると、解除のスピードは”超”早いね。

暗闇で顔認証とテストしても解除のスピードは早いよ。

音は下のスピーカーからしかでないんだね。上からは出ないんだ。

音のサンプルはこちら

シャオミ Xiaomi Mi 8 GPS性能チエック

GPS信号の”受信感度”は最高だね。他のスマホはレベル1のバンドだけれど、これはレベル5のバンドも使っているからね。

でも、バグがあってGPSの精度が16メールまでしか上がらなかったよ。他のスナップドラゴン645のスマホは、3~4メートルの精度がでるからね。

グーグルマップで確認しても、16メートル程度ずれがある。デュアルGPS搭載みたいだけど、バグの修正が必要だ。

まだ数時間しか使用していないけれど、このスマホはとても早い。

フルジェスチャー・モードで使用すると、ミス・タイプが減るからオススメだよ。

シャオミ Xiaomi Mi 8 カメラ性能チェック

カメラのアプリは、Mi M 2sと全く同じだ。AIモードは、オンにした方がいいよ。撮影シーンによって、自動的に色調を調整するからね。”2x”ボタンを押すと背面にあるもう方ほうのセンサーが起動するよ。

動画について、あるサイトでは、60フレーム/秒を4Kでサポートすると書いてあったけれど、そんなオプションは見当たらないね。1080pで、120もしくは240/秒での撮影ができるね。でも、1080pで60フレーム/秒のオプションがないね。

動画のサンプルがこちら

露出がオーバー気味で、フロントカメラには電子手ぶれ補正がついてないね。他のメーカのスマホには付いている機種もあるからね。

リア・カメラでの動画の撮影は、ディユアル・ピクセル・オートフォーカスだから確実に働いているね。4Kでの撮影時に電子手ぶれ補正は動作しない。Open Cameraのアプリを使っても駄目だった。

光学式の手ブレ防止機能は、動作するけれど若干ブレがあるかな。すこし露出オーバ気味だけど明るく取れて全体的に動画のクオリティはいいよ。

シャオミ(Xiaomi ) Mi 8 最高スペック・スマホがOTAでさらに進化  シャオミ ”Mi 8” 1ヶ月 使用後のレビューはこちらから

シャオミ Xiaomi Mi 8 まとめ

良い点:

  • ビルドクオリティはとても良い、スクリーンの発色も良い
  • この価格帯でのスペックは素晴らしい(Snapdragon845、NFCなど)
  • 性能がとても良い。暗闇でも顔認証機能が動作する
  • 背面の性能も良い

悪い点:

  • LTDバンド20をサポートしない、MicroSDカードもナシ
  • IPレート(防水防塵)がなし、ワイヤレス・チャージもない、4Kで60fpsがない
  • 前面のラウドスピーカーがない。GPS精度のパッチが必要
  • iPhone10のコピーだ!

 

価格

GEARBESTにて、65000円で販売

>>>>GEARBESTでの購入はこちらから シャオミ Mi 8<<<<

Power by Koro-Tech

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です