Vivo NEX 3S 5Gレビュー実機開封&動画 辛口評価その理由は?

コロボット
「ひ〜、助けてクダサイ」
流れます、流れます

ど、どうしたコロボット?

コロボット
Vivo NEX 3S 5Gは滝の様に流マス・・」

えーっと、、ナニナニ・・・Vivo NEX 3S 5Gの特徴はと?

中華ガジェット仙人
中華ガジェットに困ったはこれを見よ〜

な、ないだい爺さんこれ?

中華ガジェット仙人
中華(ガジェット)・アカシック・レコードじゃ。中華(ガジェット)の過去・現在・未来が詳細に記載されておる!!

ひ〜、中華の未来が分かるのかい?そんな、バカな、、

ナニナニ、中華(ガジェット)アカシック・レコードによると、、

“2022年には、シャオミが日本からiPhoneを追い出し、日本のiPhoneユーザは、全員Xiaomi Mi 20に乗り換える

衝撃の事実だな。2020年東京オリンピック延期よりもインパクトはでかいぞ・・

爺さんこれは、本当かい?!

中華ガジェット仙人
うむ、さよう。中華(ガジェット)アカシック・レコードに間違いはない。いまのうちに、シャオミの株を買っておけ

えっと、では、Vivo NEX 3S 5Gの特徴を中華(ガジェット)アカシック・レコードで調べると、、

”Vivo NEX 3S 5Gのサイドフォルムは、丸みを帯で滝の様に流れます・・”

”しかも、Vivo NEX 3S 5Gにはボタンがアリマセン”

ハハーン、だからコロボットは滝に流されているのか??

コロボット
「ハイ、というわけで、今回は、Vivo NEX 3S 5Gのレビューデス」

それでは、いつもの様にスペイン発、Techtablets.comへいってみよっ!!

Vivo NEX 3S 5Gのスペックは?

コロボット
「Vivo NEX 3S 5Gのスペックはコチラ」
チップセット Snapdragon 865
スクリーン 6.89インチ SAMOLED
スクリーン明るさ 620ニット、FHD+
内蔵メモリ 8GB もしくは 12GB
内蔵ストレージ 256GB もしくは UFS 3.1
カメラ ポップアップ式 16MP f値2.1
メインカメラ 64MP f値1.8
ウルトラワイド 13MP
光学式2倍 13MP
内蔵バッテリー 4500mAh
チャージャー 44W
SIM Dual Nano SIM
3.5ミリジャック
重さ・厚み 9.4mm

引用元:Techtablets

引用元:ギヤベスト

Vivo NEX 3S 5Gの外観

Vivo NEX 3S 5G

  • 付属のチャージャは昨年と同じ44W
  • テストをしたけど、残量1%の状態からフル充電に要した時間はたったの「65分!!」
  • 3.5mmのオーディオ・ジャックも搭載
  • Vivo NEX 3S 5Gの真下には、ハードケースも付属しているよ
  • 付属のケースはレンズもきちんと保護してくれるね〜
  • ケースの側面には保護されてないよ。滝の様に流れるサイドの形状を自慢したいからね〜
  • Vivo NEX 3S 5Gのビルとクオリティは最高に良いし、僕も気にっているよ。
  • でも、万人受けのスマホじゃないね。6.89インチと大きいし220グラムと重い。
  • 厚みも、9.4mm、レンズを含めると9.6mm
  • 流れる様な形状のボディには、ボタンが無いね

引用元:Techtablets

Vivo NEX 3S 5Gには、ボタンが無い!!タッチセンサーだけ

Vivo NEX 3S 5G外観その2

  • 右側面はタッチセンサーのみ
  • 真ん中にあるメインのタッチセンサーには、ギザギザで手触り感があるね〜
  • だから、指でかんたんに操作できるね〜
  • スクリーン式指紋認証センサーもあるけど、精度に欠けるね
  • 16MPのポップアップ式のカメラを動かしてみるよ。
  • 背面のカメラは64MP(F値は1.8)、ウルトラワイドセンサーは、13MP(F値は2.2)
  • 13MPの2倍光学センサー(F値2.4)
  • 背面にLEDフラッシュがあるね。多分ディアル・トーンLEDだね。
  • 底面にはType-Cポートがあり、ラウドスピーカ、アンテナ線が見えるね
  • SIMカードは、NanoSIMを2枚搭載できる
  • 上部にはポップアップ・カメラがみえるね。
  • やったね~!!3.5ミリジャックは健在だ〜

引用元:Techtablets

Vivo NEX 3S 5Gには、ボタンが無いんだって?

コロボット
「こんな感じにナリマス」

 

Vivo NEX 3S 5Gのスクリーンはどうだ?

Vivo NEX 3S 5Gのスクリーン

  • イヤーピース(通話時に耳をあてる音声スピーカ)の配置がとても面白いね〜
  • だって、ポップアップ・カメラの上部にあるんだよ。
  • ポップアップ・カメラの右側にあるのは、深度センサーだとおもうでしょ?違うんだよね、フラッシュなんだよ。
  • 残念なことに、イヤーピースは音楽を出力する時にスピーカにはならないよ。
  • Vivo NEX 3S 5Gは、6.89インチのSuper AMOLED Full HD Plusの大型スクリーンを採用だ。(3:24

コロテック一口メモ

AMOLEDディスプレイは、電力消費も少なく、鮮やかな画質でレンダリングのスピードも早い!

さらにSuper AMOLEDディスプレイは、20%明るく、電力消費も少なく、太陽光の元でも反射が80%低くなっている。

引用元:Samsung.com

  • Vivo NEX 3S 5Gのスクリーンはとてもイイね〜
  • 出荷状態では画質が青みがかっているよ。
  • 流れる様の滝の形状のスクリーンだけど、カーブの部分は色がすこし変色している感じがするよね。
  • 同様なデザインのスマホの中では、Huawai Mate Proが一番じゃないかな〜
  • で、丸みを帯びたスクリーンでは、誤タッチがあるんじゃないかって?
  • 設定で感度を変更できるから問題ないよ。
  • ノッチがないのが僕の好みだね。(ポップアップ式カメラだからね)
  • 上と下のベゼルは、最高に薄いっていう訳じゃないけどね。
  • リフレッシュレートは、60hzのパネルだから、凄いという訳ではないね・・
  • ガンマ値は約2.4だから少し、最適値から外れている
  • スクリーンの設定には、目に優しい設定、ダーク・スクリーン・モードがある
  • カラーの調整で標準(Standard)からNormalに変更すれば、青みがかったスクリーンから、暖かい感じの色に変更できる。
  • 最大光度は、600ニットだから太陽光の下でもスクリーンはハッキリと見える。

スポンサードリンク

引用元:Techtablets

コロボット
「Vivo NEX 3S 5Gのスクリーンは、悪くない様デス」

出荷状態で青みがかった色は、中華系のスマホやタブレットにみられる色だね。多分、中国本土で人気の色なんじゃないかなあ?

コロボット
「スクリーン設定で発色の変更ができるの問題アリマセン」

そうだねっ!

Vivo NEX 3S 5Gのスクリーン

 

Vivo NEX 3S 5G

  • Vivo NEX 3S 5Gにはファンタッチと呼ぶスキンがあるけど、個人的にあまり好きじゃないんだよね
  • Funtouch OS 10、Andorind 10のOSを搭載
  • レビュー機種は、中華ROMだから中国語アプリがいくつかあるね。
  • 多言語対応だけども、Google Playはインストールされていない。
  • 中華ROMにはGoogle Play Installer Version3を使ってインストールすればヨシ!
  • フルジェスチャー操作は問題ないね
  • でも、中華ROMだからいくつか気に入らない点があるね。設定で無効にできないんだ。
  • たとえば、スワイプ・ダウンすると中国語のメニューが出てくるよね。
  • Vivo NEX 3S 5Gは、Type-C経由でのビデオに出力には対応していないよ。USB2規格だからね。
  • Joviと呼ばれているアシスタント機能もあるけど、中国語にしか対応していないよ。
  • サードパーティーのアプリをインストールしようとすると、Vosges Accountにログインする様に聞いてくるから、ちょっ面倒だよね。
  • 性能はとても良いし、マルチタスクも問題ないね。
  • 削除のできない不要な中華アプリもあるけど、我慢しないといけないね。
  • 圧力式タッチセンサーの感度も変更できるよ。

引用元:Techtablets

コロボット
「コチラがファンタッチOSデス」

引用元:https://www.vivo.com/en/products/nex3

こ、これが噂のVivioファンタッチOSかあ〜

Fantaスティック!!

Vivo NEX 3S 5Gの性能はどうだ?

Vivo NEX 3S 5Gの性能は?

  • Wide Vine Level は、3だからNetflixはHDで視聴は不可だね。SDでの再生はOK
  • 中華ROMだから期待はできないよね。
  • Vivo NEX 3S 5GのWifiの性能・感度ともとても良い(752Mbps)
  • 内蔵ストーレッジのスピードもUFS3.1(Random Read 282MB/s、Random Write 246MBS/s)
  • Snapdragon 865・Adreno 650GPUの性能は、Beekbench シングル924、マルチ3368でとても良い
  • Antutuのスコアも、582990になっている。
  • バッテリーの持続時間は、最高だ!!4500mAで14時間40分バッテリーが持つね!
  • Mi Note 10よりもバッテリーの持続時間がいいよ。チップセットの電力消費効率がいいからね。
  • Vivo NEX 3S 5Gは、デュアル・バンドGPS搭載。GPSの誤差は3mだから、他社のフラグシップと同じ精度だ。
  • 3.5mmジャックからの音声は、そんなには良くないね・・Redme Note9の方が音はいいと思うよ。
  • ベース音がすこし足らないかな、、サンプル音はコチラ(9:28

引用元:Techtablets

Vivo NEX 3S 5Gのゲーム性能&カメラ性能は?

Vivo NEX 3S 5Gゲーム性能&カメラ性能

  • リフレッシュレート60hzのゲーム性能は、予想通りにスムーズな動きだ。Shadow Gun Legendのゲーム動作が途中でギコチナクなる事もない。
  • Snapdragon 855Plusや865の場合は、時々ロードに時間がかかる事もあるが、、Vivo NEX 3S 5Gの場合は問題ないね。
  • ゲーム性能に関しては、RedMagic5Gや、Blackshark、ROGに匹敵するほどだ。
  • Vivo NEX 3S 5Gの動画撮影をしたけど、性能は良くないね・・とてもフラグシップモデルだとは思えないよ・・(10:50
  • 4K動画を撮影しても、画像のクオリティはいいけれど、EIS(電子手ブレ補正)が搭載されていないなんて!!2020年のフラグシップとして、ありえないね〜!!
  • 次回のファームアップデートで4KのEISを搭載を希望するよ。
  • Vivo NEX 3S 5Gのフロントカメラは、1080pのみで撮影が可能、EISが無いから動画を撮影してもブレるよね〜
  • ギンバルがないとVロガーには向かないね
  • 60fpsの1080であれば、安定化(Super Stedy Mode)があるけど、Samsung S10+の方が優れているね。
  • 写真のサンプルはこちら(12:39

引用元:Techtablets

コロボット
「Vivo NEX 3S 5Gでの動画撮影はイマイチの様デス・・」

クリス氏は、動画撮影のレビューに丁寧にするのに今回はずいぶんとアッサリだったね〜

Vivo NEX 3S 5Gの総合評価は?

Vivo NEX 3S 5Gの評価は?

Vivo NEX 3S 5Gのとても良いところ!

  • ビルドクオリティ良し、ノッチもナシ
  • UFS3.1のストーレッジが最高に早い
  • Wifi、Snapdragon 865ともに爆速
  • ゲーム性能も素晴らしい
  • 44Wのチャージャーで、フルチャージに65分しかかからない
  • 3.5ミリジャック搭載(平均的な音質)

Vivo NEX 3S 5Gのおや?と思うところ

  • Funtouch OSに制限がある。NeflixがHDで視聴できない。
  • 4KでEISが動作しない
  • 全面カメラが4K60pfsで録画できないのは、フラグシップとしてありえない!
  • 写真の仕上がりにもっと最適化が必要
  • 暗がりでの撮影の仕上がりが最悪・・ナイトモードはありえん!!
  • スクリン指紋認証センサーは精度が悪い

Vivo NEX 3S 5G コロテックのオススメ度は?

コロボット
コロボット「Vivo NEX 3S 5Gのコロテックのオススメ度は?」
 ずばり、星3だ!!」

コロボット
コロボット「その心ハ?」
中華ガジェット仙人
「ちょっとまった〜!!」

わっ、中華(ガジェット)仙人!!

中華ガジェット仙人
「なぜ、Vivo NEX 3S 5Gは、星5つ評価じゃないのだ?」

えっ?だって、カメラ最悪でしょ??

中華ガジェット仙人
「たわけ者!!中華の原則を忘れたのか?フラグシップなのに、カメラは振れまくりで最悪、中華アプリは出来ない、だがゲーム性能は、BlacksharkやROGに負けないほど最高じゃ」

はい・・そうでしたね・・

中華ガジェット仙人
「このアンバランスさが中華(ガジェット)的で素晴らしいのじゃ〜」

・・・

中華ガジェット仙人
「分かったら良い!!さらばじゃ〜」

な、なんだあの爺さん・・

コロボット
「星5つにシマスヵ??」

あ、、まあそのままでいいじゃないの〜

Vivo NEX 3S 5Gは、どこで買えるの?

世界のガジェットファン御用達、GEARBEST(ギヤベスト)にて販売中!

ギヤベストでの購入方法はコチラの記事みてね

読んでいただきありがとうございました!

Powerd by ココロが踊る中華テックノロジー。コロテック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です