Teclast M89 最新中華 iPad mini クローン 開封 レビュー 動画

TechTablets.comより、Teclast M89 レビュー 動画

中華タブレット・レビューの専門サイトTechTabletsよりTeclastから発売された低価格・高性能タブレットのTeclast M89のレビュー動画!

*本ブログは、クリス氏の許可をとり翻訳しています

Teclast M89 スペック

Teclastから低価格タブレットM89が発売。M89は、MTK8176のヘキサコア(6コア)のチップセットと、RAMサイズが3ギガ、内蔵ストーレッジが32ギガだけど、MicroSDカードで拡張が可能だ。

  • MTK8176 6コア 2.1Ghz
  • 2048x1536 IPS
  • ラミネート加工 326PPI
  • 32GB eMMC 4.51
  • RAMサイズ3GB
  • HDMI、MicroSDカードスロットあり
  • Wifi,GPS、Bluetooth4対応
  • Andorid 7.0
  • フロントカメラ 5MP
  • リアカメラ 8MP
  • バッテリー容量4840mA
  • 7.8mm、409グラム

レビュー

嬉しい事にカスタムではなく、”素”のアンドロイド7で動いる。背面のカメラは8メガピクセルを積んでいるよ。最近はよく見かける様になったけれど、ディスプレイがフルラミネートでゴリラガラスを使ったRetinaディスプレイになっているんだ。

サイドにはボリュームのボタンと、電源ボタンがあってボタンの素材はプラスチックで、操作感はまあまあだよ。プラスチックを使っているのは、ボタンだけだね。下部にはアンテナの線とマイクが見えるね。

上部にはラウドスピーカーとHDMIポートがある。HDMIポートがあるのは嬉しいよね?HDMIポートをタブレットから省くメーカが多いけど、それは間違えだね。Type-Cポートも付いてるよ。ビルドクオリティはとても良い。

 

箱の中身を見てみよう。Teclast M89 タブレットにはスクリーン・プロテクターが既に貼られているから嬉しいね。電源アダプターは、5Vの2AとType-Cケーブルが付属

Teclast M89 スクリーン

液晶パネルは、ipad miniと同じものを使用しているね。このパネルが使われる様になって、数年が経つけれど良いスクリーンだよね。Teclast M89のスクリーンは、ラミネート加工がされゴリラガラスが使用されている。解像度は、2048x1536だ。液晶のガンマ値は約2.1だけれど、本来だったら2.2にするべきだね。

Teclast M89は、MediatekのMiraVisonアプリも付いてくる。このソフトは、ディスプレイを自分好みの色調に調整する事が出来るよ。これで、ディスプレイの表現とかなり良く調整できる。アスペクト比は、4x3なので、A4サイズの紙と同じ比率だね。

白の発色も良くて、黒の深みも良くてベゼルの黒と判別がつかないくらいだ。最大照度は、330ルクスだからいいよ。ラミネートされたディスプレイだから、光の反射もあまりないよ。つまり、IPSパネルとデジタイザの部分に隙間がないからなんだ。さっき言ったみたいに、古いタイプのスクリーンだけれど、これはとても良いスクリーンだね。

搭載アンドロイド

Teclast M89の最大の欠点は、Android7を使用している事だね。セキュリティのパッチは、2017年4月5日付なので、かなり古くなっているね。カスタムランチャーはなくて、不要な中国語のアプリは3つだけ。2つは、削除できるけれど、セキュリティ・アプリだけは削除できないね。

空き容量は、23ギガバイトだけれど、MicroSDカードで拡張できるからね。メモリサイズは、3ギガで、通常の使用で、1.8ギガ程度のメモリーは空いているね。

DRM情報を見ると、WideVineセキュリティレベルが3だ。つまり、NetflixがHDで見ることは出来ないね。PlayStoreにNetflixのアプリも見つからないね。

ROMの体感スピードはかなり良くて、最近発売されている10コアのタブレットよりも動きがスムーズだね。Youtubeの解像度は変更でみたいなので残念だ。タブレットを操作しても、Helio X20のタブレットよりも早い感じがするね。HelioX20の方がスペックが上なんだけどな。

スポンサードリンク

Antutuのスコアは、ほぼ100000(99518)だ。ほぼ、HelioX20と同じスコアだね。HelioX20の方が、CPUもGPUも少しだけ早いよ。Teclast M89のGPUスコアは、15000で少し低めだけけれど、実際の体感速度の方が大切だよね。見てみれば分かるけれど、操作はとてもスムースで、スクリーン分割もできるよ。

上部のスワイプダウンで表示されるオプションは、一般的なアンドロイド同じだね。違う点は、ブルーライトカットのアイ・コンフォートのオプションがあるよ。あとは、リーディング・モードがあって読書用に画面を白黒に表示できるんだ。バッテリー・セイバーモードもあって、これを使うとバッテリーの持続時間を8時間もたせる事ができる。

Teclast M89は、雑誌やe-bookを読むには解像度と色の発色が良いので最高のタブレットだね。重たいPDFの読み込みもとても早いね。

Wifiのアンテナがタブレットの底にあるけれど、Wifiの感度はいいよ。スピードを計測してみると、最高230Mbpsまで速度がでたよ。

だたし、Wifiについては問題があって、突然接続が切れるんだよね。すぐに再接続するけれど、こんなことあってはいけないよね。だから、ワイヤレスは100%安定してはいないね。

Teclast M89は、内蔵ストーレッジには、eMMC 4.5.1を使っているので最新ではないけれど、価格帯を考えると仕方がないよね。Read/Write Speedは、(152MB/s, 84.7MB/s)なので、ボトルネックにはならないね。

バッテリーの持続時間を見てみると、4840mAの容量で、”超”パワーセーブモードを使用するとネットサーフィン、Youtube、アマゾンプライムを見たり、軽い用途の場合8時間バッテリーはもったよ。平均的なバッテリー持続時間は5〜6時間だと思う。Lineage 2とPUGで遊んだら、ちょうど3時間でバッテリーが切れたね。フル充電するのに3時間。

スピーカ

上部に2つのスピーカーがあるけれど、タブレットの持ち方によってスピーカーを塞いでしまう場合もあるね。でも、スピーカは内部にあるから、あまり違いはないかもね。音は普通だね。

ヘッドフォンジャックからの音も平均的で、若干ノイズがのっているのが気になるね。

スピーカサンプル音

 

ゲーム性能

Lineage 2とかPUGの重いゲームでも動画をみれば分かるように、Highの設定でフレームレートも普通に設定した状態で十分に遊べるよ。実際、MALI T880 GPUを使用のHelio x20タブレットよりもスムーズに動くんだ。6コアのMTK8176の方が性能は良く感じるよ。PUBGで遊んでも動きがスムーズで楽しいね。動きの引っ掛かりとはないよ。

20分PUBGであそぶと、タブレットのディスプレイ側の温度は35〜37度に上がるね。裏側は33度なので大丈夫だ。

ゲームの性能を動画でチェック

 

まとめ

良い点

  • 6コアのMTK8176は、10コアのHelio X20よりも動きが良い
  • スクリーンが素晴らしい、ラミネートされている
  • HDMIの出力あり、GPSサポートあり
  • 素のROMを使用(カスタムではない)操作感がスムーズで早い

改善点

  • Wifiの接続が時々切れる(1日に1〜2回)
  • ゲームで遊んでいると本体が熱くなる、充電の際にも熱くなる
  • 重い使い方をするとバッテリーの持続時間良くない
  • Android7.0を使用している(おそらく、アップデードしないのではないか)

 

GEARBESTからの購入はコチラから!

Teclast M89 16814円で発売中!!

Powered by Koro-Tech

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です