HUAWEI Mate 20 Pro レビュー 画面変色不良問題とは?!

うむ。。今回は、流行りにのってHUAWEI Mate 20 Proのレビューじゃぞ・・・・

といったものの、

HUAWEI Mate 20 Proクラスの高級スマホになると、価格も8~9万円のレベルで、もはやiPhoneのレベルだ。。

コロテック(当サイト)では、激安、コスパ最高、中華ならではのアンバランスなスマホを紹介するのがポリシーじゃ。

それなのに、HUAWEI Mate 20 Proは、アンドロイド進化の歴史の中で、過去最高のアンドロイドスマホと絶賛されている始末。

Galaxyから乗り換えるユーザまで続出中らしい。

はて・・レビューして良いものか・・

ん?ど、どうしたコロボット?!

お前に緑のオーラが見えるぞ!!

ロボットにもオーラがあるんだなあ。感心したぞ。

コロボット
#Gluegate問題が発生トノ情報がアリマス」

グルーゲート(Gluegate)??問題?なんじゃそりゃ?

ウォーターゲート事件(ふるっ!)ならぬ、グルーゲート問題?!

コロボット
「HUAWEI Mate 20 Proはスクリーンの色が変色する個体が見つかった様デス」

おー!これぞ中華じゃ!!

機能てんこ盛り、アンドロイド進化系の最高峰でありながら、スクリーンが変色する可能性があるとは!!

コロテックが導入した「中華ガジェット王道の5原則」に従ったスマホと認めようではないか。

HUAWEI Mate 20 Proは、見事なまでの中華スマホじゃ!!

それでは、HUAWEI Mate 20 Proのレビューにイッてみよう!

HUAWEI Mate 20 Proはどんなスマホなんだ?

コロボット
「以下Huaweiオフィシャル・ページからの引用デス」

Huwaeiの製品情報ページによると、こんな感じだ!
  • デザインが凄い(オーセンティックで、革新的な技術が融合した、デザインだ!)・・はて、何の事でしょう?
  • ライカ社製のトリプル・カメラを搭載(3つもレンズが付いてるぞ)
  • ガラス製のボディの曲面(アール)が美しい
  • 背面パネルは滑り防止のための模様(Hyper Optical Pattern)になっている。
  • 手に馴染みやすくもったときのバランスも良い
  • IP68防水防塵だから、ビーチて持っていってもへっちゃら
  • Huawei独自開発のKirin980チップはAI機搭載
  • GPSは、L1とL5のシグナルを受信するから精度が高い
  • AIが消費電力をマネージするからバッテリーが長持ち
  • 40Wのスーパーチャージで、30分で70%も充電できる
  • 15Wワイヤレスチャージ対応
  • リバースワイヤレスもできる
  • 3D顔認証付き
  • などなど、、

引用元:Aliexpress.com

うむ〜、非の打ち所の無いアンドロイド・スマホの登場だな。

最新機能があまりにもてんこ盛りで、海外ユーチューバーの達が全機能紹介できないと困っていたぞ・・

HUAWEI Mate 20 Proのスペックは?

コロボット
「スペックはこの様にナッてイマス」

スペック

ストーレッジ: 128G
メモリー: 6Gフロントカメラ: 24.0MP
Camera Type: 3 Back & 1 Front Cameras
Size: 157.8mm*72.3mm*8.6mm
バッテリー容量: 4200mAh
ディアル SIM 対応
CPU: Octa Core
Recording Definition: 1080P
Display Size: 6.39”
厚み: 約9mm
画面解像度: 3120×1440
背面カメラ: 40.0MP+20.0MP+8.0MP
チップセット: HUAWEI Kirin 980
アンドロイド Android 9
NPU 搭載
NFC 対応
顔認証: 3D Face対応
防水・防塵: IP68
Type-C Port

ふむふむ、このNPUって一体何だ?

コロボット
「ニューロ・プロセシング・ユニットの略で、AI機能がKirinチップセットに内蔵サレテイマス」

なるほど、これがAIエンジンでカメラの撮影の時に被写体を認識したりするんだね。

HUAWEI Mate 20 Proの開封・外観チェック

Huawei Mate 20 Proの開封・外観チェックは、UK発Btektからのレビュー動画で紹介だ!

レビューで紹介している色は、エメラルドグリーンだぞ。

引用元:Btekt

HUAWEI Mate 20 Proの性能は?

Huawei Mate 20Proの性能を、いつものチグス・ランキングチエックだ!!

チグス・ランキングってなんだ?

チグス・ランキングとは、UK発、人気急上昇中のテック系ユーチューバー、

チグス・テックレビュー(ChigzTechReview)のチグス氏が

作成している2018年度スマホの性能・価格ランキング一覧だ。

コロテックでは、チグス氏と直接連絡をとり、当ブログでしているぞ!

その、一覧がコチラ!!

Huawei Mate 20 Proは、iPhone XS MAXに続き堂々の2位だぞ!!

引用元:Chigz Tech Reviews 

さて、今度はHUAWEI Mate 20 Pro 2週間使用後のレビューだ

ここから先は、チグテック(Chigz Tech)のレビュー動画へバトンタッチだ!

チグ氏は、Mate20Proがあまりにも素晴らしので、Galaxyから乗り換えたそうだ。

HUAWEI Mate 20 Proの良い点:

デザインが素晴らしい

  • デザインとAMOLEDディスプレイが最高に美しい!
  • GalaxyのInfinity ディスプレイ様にスクリーンがベゼルの縁までカーブしているのは感動的!!

バッテリー周りが凄い

  • バッテリーの持ちがとても良い。2日は十分に使えるぞ
  • AlwaysOnディスプレイを使用しても、バッテリーが一日十分に持つ
  • 40Wのスーパー・ファースト・チャージを使用すると40分~1時間で100%まで充電ができるぞ!
  • スーパー・ファースト充電アダプターも付属!
  • 15Wファースト・ワイヤレスチャージにも対応

業界発新機能ワイヤレス・リバースチャージ

  • なんと、Mate 20 Proが他のスマホをワイヤレスチャージできるのだ

トリプルカメラの夜間撮影がすごい

  • 2018にレビューしたカメラの中で一番の良いカメラだと思う。

3D顔認証が正確で早い

  • チグ氏がスマホを持ち上げた瞬間に顔認証でロック解除される様子。電源ボタンを押す必要はナシ!

引用元:Chigz Tech Reviews 

その他機能が満載だ!

  • NFC、赤外線センサー搭載(TVのリモコンとして使える)、防塵防水対応、ワイヤレスチャージ、リバースチャージ、3カメラ、などなんでも搭載だ。

デスクトップ・モードで動作するぞ!!

USB Type-CからHDMIアダブター経由でモニターに出力すると、アンドロイドデスクトップが表示される。サムソンのPCモードに似ているけれど、サムソンの様に専用のアダプターは不要。

もちろん、マウス・キーボードを接続してPCの様に使えるぞ!

引用元:Chigz Tech Reviews 

HUAWEI Mate 20 Proの残念な点:

ディスプレイ指紋認証センサーの反応が遅い

ディスプレイセンサーは、物理的なセンサーよりも反応が遅いよね。まあ、3D顔認証があれば十分だからね。

スポンサードリンク

引用元:Chigz Tech Reviews 

Huawei独自仕様のナノSDカード

  • 独自仕様のナノSDカードは、まだ入手が難しい。通常のナノSDカードの方が良かったね。でも、内蔵ストーレッジは128GBなので、しばらくは大丈夫だよね。

3.5ミリ ヘッドフォンジャック端子が無い

  • その代わり、USB TYPE-Cに対応したイヤフォンが付属している。USB TYPE-Cから、3.5ミリジャックに変換するアダプターも付属

EMUI(HuaweiのUI)

  • EMUIも悪くないが、ストック・アンドロイド(オリジナルのアンドロイドUI)が理想的だね!

ステレオスピーカー

  • スピーカー自体の音はとても良いが、1つのスピーカーがUSBポートの奥に隠れているんだ。デザイン的には良くないよね。
  • 音量ももう少し大きい方が良かった

さて、お待ちかね「Huawei Mate 20Pro」#GLUEGATE(グルーゲート)問題とは?

HUAWEI Mate 20 Proのグルーゲート問題って何だ?
  • 沢山のユーザがHuawei Mate 20Proのスクリーンが緑色に変色する問題を報告している。
  • 一定の条件で使用すると緑色が目立ち、次第に症状悪化してくる
  • Huawei Mate 20Proを交換してもらったユーザもいるが、交換したスマホについても同じ問題があるらしい。
  • 原因は、Huawei Mate 20Proのスクリーンを接着している接着剤(GLUE)に問題があるのでは?と予想されている
  • この端末は僕が、自腹でアマゾンから購入したもので、2週間へービーな使い方をしているけど、今のところ問題ナシ。
  • LG社製のOLEDパネルはこの接着剤と相性が悪く、BOE社製のパネルは問題ないらしい

動画7分40秒からGLUEGATE問題についての動画

引用元:Chigz Tech Reviews 

ふむ〜、スクリーンが緑に変色するのは?HUAWEI Mate 20 Pro、てんこ盛の新機能のひとつなのか?

それとも、ユーザに新機種への乗り換えさせる手段なのか?新種の「ソニー・タイマー」が早く起動しすぎたのか?

コロボット
「あまりにも緑ナノで、世界が緑デス」

#GLUEGATEでツイッターを覗くと、ユーザからの悲報が相次いているぞ!

ナニナニ??コロボット、喜べ!!対処方法もあるぞ!

チョット、ココ(冷凍庫)に入れ!

コロボット
「匕ー、ヤメてクダサイ・・風邪ひきマス~」

あっ、直った!

どうやら、以下のユーザ情報によると冷蔵庫・冷凍庫に入れると一次的にスクリーン問題が解決するらしい。

 あっ、緑に戻った!!

こんな、方法もあるみたいだぞ!!

コロボット
「ホー、ホー」

どうやら、”紫外線”に変色したHUAWEI Mate 20 Proを当てると、変色が改善するという噂もあるぞ。

うむ~、紫外線に当てると固まるプラスチックがあるが、何か関連があるのかなあ?

どうだ?なおったか?

コロボット
「ハイ、オカゲサマデ」

どー!!治ったけど、

お前日焼けしたなあ?ロボットも日焼けするんだなあ~

HUAWEI Mate 20 Proのオススメ度は?

コロボット
コロボット「Huawei Mate 20 Proのコロテックのオススメ度は?」

 ずばり、星5つだ!!」

コロボット
コロボット「最高得点デスネ・・」

うむ。。アンドロイドの進化系、

過去最高峰のアンドロイド・スマホと大絶賛されている、Huawei Mate 20 Pro、

価格も9万円、申し分のないフラグシップ・モデルじゃぞ、

それなのに、#GLUEGATE問題を抱えおる。

画面が変色してしまう可能性を秘めているのじゃ。

9万払って購入したユーザは、さぞかしハラハラしておるじゃろう。

これが、何を意味するのか?

完璧な人間が存在しない様に、完璧なスマホなど存在しないのだ

画面の変色がなんじゃ?まるで、紅葉の様ではないか?それとも、オーロラか?

人生は、はかない、テクノロジーもしかり、

それよりも、不完全である事を楽しむのじゃ!

スティーブ・ジョブズは、完璧を目指した。彼は、Appleをディスニーランドにしようとしたのじゃ。

だが、ディスニーランドで人生の何が学べるというのだ?

アマゾンのジャングルの奥地で泥にまみてて、遊んだほうが人生の意味を知ることができるのではないかね?

中華アンドロイド・スマホは荒野じゃ、時にはマルウエアにも遭遇するかもしれない、

必要であれば、ルート化してROMを書き換える事だってできる。その方が、スマホ・リテラシーが育つのではないかね?

いつまで、Appleのディスニーランド郷にとらわれているのだ?

立ち上がれ皆の衆、今こそiPhoneの呪縛から逃れ、中華スマホに乗り換える時が来たのじゃ!!

コロボット
コロボット「むにゃ、むにゃ、グー、グー」

「HUAWEI Mate 20 Pro」はどこで買えるの?

アマゾン・ジャパンにて好評発売中!!

読んでいただきありがとうございました!

Powered by ココロが踊る中華テックノロジー。コロテック!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です