Chuwi Lapbook SE レビュー&動画 激安高品質中華ノートPC登場!!

コロッテック「た、た、大変だ~!!

コロボット
「どうされましたか??」

「つ、つ、ついに・・・」

コロボット
「え??」

「5つ星、激安高性能高品質の中華ノートPCがついに現れたー!!」

コロボット
「って、まだTechtablets.comのレビュー最後まで見てないでしょう?」

「私には分かる!!私には!Techtablets.comのクリス氏によるChuwi Lapbook SEレビュー動画、最初の3秒を見ただけで、わかったぞ!」

レビューをしているクリス氏のあの高揚感、まちがいなくChuwi Lapbook SEは、2018年最高、激安高性能中華ノートPCだ!!」

「しかも、リミッター解除して性能を2倍にする事が出来るんだ〜!!」

 星5つだ!!」

コロボット
「落ち着いてください、意味が分かりません。読者を置いてけぼりにしないでください」

「いや、星6つでもいいぞ~!!」

コロボット
「こうなったら、最後の手段です。目を覚ませ!!コロボット、パーンチ」

ボン!

コロテック
「なんてこった、中華OSになってしまった~、トホホ、Google検索もうできん!」
システムアップデートするとアンドロイドが中華OSに化ける話はコチラ

「前振りが長くなってしまったが、今回はChuwi Lapbook SEのレビューだ!!」

Chuwi Lapbook SEってどんな中華ノートPCなんだ?

コロボット
「こちらが、Chuwi Lapbook SEの特徴になります」
Chuwi Lapbook SEの特徴

  • 最新チップセットIntel Gemini Lake N4100を使用している
  • 激安なのに色がキレイ!シャープ製のIPSパネルを使用し、色の発色の精度が良く、高級ノートパソ並
  • 激安なのにキーボードが打ちやすい!300ドル台のノートパソでは歴代ナンバーワン
  • 激安なのにビルドクオリティがとても良い
  • イヤフォンジャックからの音質がとても良い!(激安なのに・・)
  • さらに、リミッターが解除できるので性能を2倍にする事ができる!(ヒートシンクのMODをして放熱しやすくする必要あり)

 

激安激安って、もうわかったよ・・」

「で、マイナス点もなにかあるんでしょう?」

コロボット
「はい。Techtablets.comのクリス氏がレビューの最後の場面でこんな発言しておりました」

「おい、Chuwi聞いてるか?!内蔵メモリ8GBのバージョンのを用意しろ!そしたら、8Gバージョンに即アップグレードしてやる」

追伸:クリス氏のコメントにChuwiから連絡があり、8GBを搭載するとChuwiはマイクロソフトにライセンス料を2倍払わないといけないとの事。現在、Chuwiは、マイクロソフトと交渉中

いや〜、Chuwiはクリス氏のフィードバックを誠実に聞いている良いメーカーだ!それに、対してマイクロソフトとは相変わらず金儲けが上手い・・

「さすが、完全独立系YoutuberのTechtablets.comだ、毎度おなじみキレキレ発言だね」

「Chuwi Lapbook SEは、内蔵メモリが4GBのバージョンしかないのが、唯一の欠点だってクリス氏が言っていたね」

スペイン発のTechtablets.comとは、中華スマホ、タブレット、PCのレビューサイトだ。オーナーのクリス氏は、当時中華タブレットの情報があまりに少なかったので、自分でレビューサイトを立ち上げたそうだ。レビューの製品はすべて、自腹。完全独立系のYoutouberなので、辛口コメントで中華製品を切りまくる。そんな、情熱的なレビューにTechtablets.comのファンは海外に沢山いる。コロテックでは、クリス氏の許可を取り、当ブログで引用させて頂いている。ちなみに、当サイトのコロテックはオーストラリア発。ヨロシク!

Chuwi Lapbook SEのスペックは?

 

コロボット
「スペックはこんな感じです」

「ふむ、ふむ。デフォルトでは、WindowsがSSDではなくて、低速のeMMCにインストールされているので、SSDにWindowsを移すようにクリス氏がオススメしているよ」

Chuwi Lapbook SEのスペック

  • 13.3 inch シャープ製 IPSパネル使用
  • 93% sRGB 68% Adobe(発色の精度が高い!
  • Celeron N4100(4CORE)
  • 4BG DDR4 2133 Mhz
  • 128GB SSD + 32GB eMMC 5.1
  • Wireless AC 3165 BT 4.1
  • 37Whバッテリー(バッテリー持続時間 8〜9時間)
  • USB 3.0 x 2, Mini HDMI 2.0A
  • MicroSDリーダー, 2段階 キーボードバックライト付き
  • 価格 259-279 米ドル

引用元Techtablets.com

次は、Chuwi Lapbook SEの外観チェックだ!

コロボット
「外観チェックは、Techtablets.comの動画でお願いします。」

まずは、開封時の様子だね。最初の1分から2分までが開封と、重さと厚みの測定を行っている。

引用元:Techtablets.com

そして、各種ポートの様子がコチラ

スポンサードリンク

引用元:Techtablets.com

いよいよ、Chuwi Lapbook SEの性能を倍にするぞ!

Chuwi Lapbook SEのTDP値を変更すると、処理性能を倍にする事ができる。重いゲームもサクサク動作するぞ!

コロボット
「Chuwi Lapbook SEの性能を倍にする手順です」

概要

  • Chuwi Lapbook SEの背面パネルを開けてヒートシンクを交換して、排熱効率を上げる
  • BIOSでTDPのリミッターを解除
  • ソフトを使用しTDP値の変更を行う

そもそも、なんでヒートシンクのMOD(改造)が必要なの?

Chuwi Lapbook SEや、Jumperなので中華ノートPCは製造時の仕上がり具合がバラバラで、CPUの上にヒートシンク、排熱パッドがちゃんと乗っていない、もしくは、ズレている場合が多いのだ。それから、貧弱なサーマルパッドを使用している場合が多い。

その為、負荷をかけると排熱が上手にできずに温度が85度程度に上がってしまうのだ。温度が90度を超えってしまうと、サーマルスロットルがかかってしまい、処理能力が極端に落ちてしまう。

でも、多少手をかけることで性能アップが狙えるのは、激安である中華ノートPCの醍醐味だね。

準備するもの

 

ここから先は、危険ですので完全自己責任でお願いします!!
コロボット
「キケン・キケン」

ヒートシンク交換手順

  1. Chuwi Lapbook SEの背面パネルを外す
  2. チップセットを覆っている銅製のカバーを外す
  3. マザーボドに繋がっている電源ケーブルを外す
  4. CPUにのっているサーマルパットを外す
  5. チップセットをArcticCleanで掃除する(もしくは、アルコール)
  6. CPUにサーマルペーストを塗る
  7. 15mmx15mmの銅製のヒートシンクを被せる
  8. ヒートシンク用 シリコン接着剤をヒートシンクに塗る、(もしくは、初めから付いていたサーマルパットを再利用する)
  9. チップセットを覆っていた、銅製のカバーをもとに戻す(ネジはきつく締めすぎないこと!)
  10. 厚さ1~2mmのサーマルパットをカバーのCPUがある位置におく
  11. 最後にリアパネルをネジで止めてもとに戻す
はたしてリスクはないのか?
CPUに非伝導性のサーマルペーストを塗り、銅製のヒートシンクを直接CPUの上に乗せる手順については、ショートするの可能性があるのでは?と思われるが、クリス氏によると1mmは隙間があり、何度もこの手順でMODを行い、さらに、MODしたノートPCを旅行で持ち歩いていても問題ないので、実証済みだとの事。

コロテック(当サイト)では、検証していないので。。なんとも。。

Techtablets.comによるヒートシンクのMOD動画はこちら。

引用元:Techtablets.com

BIOSのLimiter解除

クリス氏によると、BIOSでリミッターを解除してさらに、RWEverything(TDP値をメモリー上での書き換え)で変更するとの事。

なので、”おそらく” BIOSのこの画面でPower LimitをDisableする。*当サイトでは検証していません!!

引用元:Techtablets.com

RWEverythingでTDP値の変更

TDP値の変更は、Jumper EZBook X4で使用した手順が使えると思われる。コチラ

コロボット
「本当にこの手順で良いのですか??」

Jumper EZBook X4の場合は、自腹購入してTDP値を変更の検証をしたが、大成功だっよ。確かに性能が倍になったぞ!

Chuwi Lapbook SEを、買う金が無いからね。。検証できないね。

クリス氏の説明の動画と資料を見ると手順の流れ的にはあっているはずだよ。

コロボット
「キケン、キケン」

くれぐれも、自己責任でお願いします。

ヒートシンクMODを行いリミッターを解除したらどうなったのか?

  • 負荷テストを行っても、温度が59度までしか上昇しない。MODの前は85度超えだった!
  • GPUに対する処理能力がアップしたので、ゲームの性能(フレームレート)が倍になった!!

Chuwi Lapbook SEのまとめ

良い点

  • 価格の割には、ビルドクオリティがとても良い
  • 作りもシッカリとしている
  • キーボードが打ちやすい
  • ラミネート加工されたシャープ製のIPSパネルを使用
  • SSDのスピードは早い
  • 3.5ミリジャックの音質が良い
  • HDIM2.0で、4K動画が60Hzで出力できる

改善点

  • メモリーが4Gモデルしかない(8Gのバーションがほしいところ)
  • WindowsがSSDではなく、eMMCにインストールされているので遅い
  • スクリーンに隅にバックライトの光の漏れがある(IPSではよくある問題)
  • 発熱しやすいので、サーマル(発熱)処理を改善するべき
  • スピーカの音に低音が欠る

 

Chuwi Lapbook SEのオススメ度は?

コロボット
KT-BOT「最後に、Koro-TechのChuwi Lapbook SEのオススメ度は?」

 ずばり、星4つだ!!」

コロボット
KT-BOT「星の数減ったんじゃないですか??星6つとかって騒いでいたのはどうしました?」

いやあ、星5つにすると大人気になって、在庫無くなると困るだろ?

僕も、お金貯めて購入したいし・・

コロボット
KT-BOT「ずいぶんと、個人的な理由ですね」

Chuwi Lapbook SEはどこで買えるの?

ギヤベストにて発売中!!

ギヤベストにて発売中!!

ギヤベストでの購入方法はコチラの記事みてね

読んでいただきありがとうございました!

Powered by Koro-Tech

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です