中華スマホ&タブレット

2020 Xiaomi Mi Band 5 レビュー動画 進化系低価格スマートウオッチ

コロボット
コロボット
「今回は、Xiaomi Mi Band 5のレビューデス」

前モデルのMi band 4といえば、お手頃価格で使えるスマートバンドだったからなあ〜

Xiaomi Mi Band 5は、どれほどアップグレードしたのか楽しみだなあ〜

Xiaomi Mi Band 5のスペック

ディスプレイ1.1 “AMOLED画面(全モデルよりも20%広い)
画面の解像度:126 * 294
最大輝度≥450ニット
ワンタッチボタン(ウェイクアップ、リターン)
センサー高精度6軸センサー+ PPG心拍数センサー
6軸センサー:低電力3軸加速度センサー+ 3軸ジャイロスコープ
PPG心拍数センサー(赤外線検出機能はNFCバージョンでのみサポートされます)
バッテリー持続時間14日、磁石で充電アダプターと接続
引用元:ギヤベスト

Xiaomi Mi Band 5 レビュー動画

外観

Xiaomi Mi Band 5は、Mi Band 4と外観がソックリだけど、実は沢山の違いがあるんだ。

例えば、ディスプレイの大きさは前モデルよりも20%アップしたよ。Xiaomi Mi Band 5は、1.1インチで全モデルは0.95インチだ。

Xiaomi Mi Band 5と4でサイズが変わらないって、言ってる人もいるけど比べると大きさの違いがよくわかるでしょ?

Xiaomi Mi Band 5は、4つのカラーが選べるんだ。でも、本体の色は全て黒だからね。ただし、グリーンの本体を選ぶとグリーンの本体を選ぶ事ができるよ。

全モデルと一番大きな違いは・・・チャージャー端子と本体が磁石でピタリと簡単に接続が出来る事だね。僕が待ちに待った機能だよ!

スポンサードリンク

チャージャーとの接続がマグネットになっただけで、Xiaomi Mi Band 5を購入する価値はあるよね。

機能

じゃあ、次にXiaomi Mi Band 5の新しい機能について紹介しよう。

まずは、心拍センサーから。シャオミの説明によると、センサーの精度がプロが使用するのと同程度に向上したらしい。これは、ありがたいね。

それから、新モデルはスポーツモードが11もあるね。全モデルには確か、、4モードしかなかったよ。あとは、女性専用の機能も搭載されている。

Xiaomi Mi Band 5は、他のスマートウオッチと同様に、カメラのリモコンとしても機能するよ。

Xiaomi Mi Band 5には, 今回からAMAZFIT GTR, GTSの搭載されているPAI(Personal Activity intelligence)が採用されたね。

低価格スマートウオッチにもPAIが搭載されるなんて嬉しい驚きだ。

いちばん重要なアップデートは、Xiaomi Mi Band 5は、グローバルで使用できるNFCを搭載している事だ。Mi Band 4のNFCは、中国国内でしか使用できなかったからね。みんなが期待していた機能だ!

Xiaomi Mi Band 5は、こんなに進化したんだから、絶対におすすめするよ!

Xiaomi Mi Band 5の購入は?

読んで頂きありがとうございました。

コロロが踊る中華テックノロジー ”コロテック!!”

スポンサードリンク