Teclast F6 Plus vs BMAX Y13対決レビュー & 動画

コロボット
「大変デス、BMAX Y13のライバルが発売サレマシタ・・」

ナニ?Techtables.comのクリス氏は、昨年の11月時点でBMAX Y13がGemin Lake Cerlon搭載の最高中華PCだって言ってたんだぞ!

どうなってるんだ?

コロボット
Teclast F6 Plusは、Teclastが去年の12月にコッソリと発売したミタイデス」

なるほど、こっとそり奇襲攻撃だな?

コロボット
Teclast F6 Plusは、ギヤベストからもこっそり発売されてイマス・・」

なるほどっ!2020年早々、注目の中華PCだな?!

コロボット
「ハイ、Techtablets.comのクリス氏もビックリデス」

というわけで、

今回は、Teclast F6 Plus 対BMAX Y13対決レビューだ?!果たしてどちらが勝つのか?

引用元:ギヤベスト

Teclast F6 Plusのスペックは?

コロボット
「Teclast F6 Plusのスペックはコチラ」

  • 13.3インチ 1080pタッチIPS
  • Celeron N4100 4コア
  • 8GB DDR4(D.C)
  • 256GB SSD M.2 2242
  • Wifiモジュール 3165
  • Bluetooth 4.2
  • 37Whバッテリー
  • Windows10Home
  • Type-C USB3.1
  • MicroSDスロット
  • USB2.0&USB3.0
  • スタイラス(オプション)

引用元:Techtablets

引用元:ギヤベスト

Teclast F6 Plusの外観チェック(1)

それでは、スペイン発、中華タブレット・スマホ専門レビューサイトTechtablets.comより最速Teclast F6 Plusのレビューだ。

クリス氏が運営するTechtablets.comは、レビューする製品は完全自腹!

つまり、メーカに媚びる必要なし。さて、今回はどんな辛口コメントが飛び出すのか?

Teclast F6 Plus外観

  • Teclast F6 Plusの付属のDC電源アダプターは24W
  • Teclast F6 Plusの重さは、アダブターを含めて1.2キロ
  • PCの重さは1.46キロ
  • 厚みは16ミリ
  • ちなみにに、BMAX Y13の重さは、1.25キロ
  • Teclast F6 Plusのポートは、BMX Y13よりも充実しているね
  • フルサイズのUSB3.0ポート、Micro HDMI ポート、Type-Cは、4K60hz対応
  • 37Wのバッテリーのチャージに必要な時間は2時間30分
  • 3.5ミリのヘッドフォン端子、MicroSDカードスロット(USB2スピード)
  • スピーカーは、4つ付いているけど、性能は相変わらず良くないね。数年前よりは、よくなったけど・・

引用元:Techtablets

Teclast F6 Plusの外観チェック(2)

Teclast F6 Plus外観

  • Teclast F6 Plusのベゼルは、BMX Y13と比較すると厚みがあるよね・・
  • ウエブカムの解像度は、2MP
  • Teclast F6 Plusの素材は、全体的にメタルだけど、パームレストはプラスチック製だね。。
  • 背面の素材は、とても傷つきやすいから背面のプラスチックのフィルムはいつも付けたままだ
  • 本体とモニターを繋いでいる”ヒンジ(蝶番)”はしっかりとしていて、360度回転できる
  • タブレットとしてもつかえる

引用元:Techtablets

Teclast F6 Plusの裏蓋をあけると?サーマル性能良し!

Teclast F6 Plusサーマル等

  • Teclast F6 Plusの背面のスロットには、2242もしくは、2280のSATA2SSDx M2が搭載できる
  • 冷却用のファンなし(不要)
  • この個体のサーマルの状態は、とても良く温度が70度を超える事はない。
  • その理由は、背面パネルを取り外すとわかるけど他のメーカーとは違い、大きなヒートカッパーシンクを使用し、サーマルパッドがチップセットの真上に取り付けられているからだ!
  • 内部部品のレイアウトも問題ナシ

コロテックMEMO:過去に発売された中華ノートPCでは、ヒートシンクのパッドがCPUとはズレた位置に貼り付けられた個体があり、通常使用でもCPUが発熱しサーマル・スロットルがかかる機種がたくさんあった!!

引用元:Techtablets

Teclast F6 PlusとBMAX Y13比較、果たしてどちらが良いのか?

Teclast F6 Plus詳細比較

  • 画面左がBMAX Y 13で、右がTeclas F6 Plus。
  • 両機種ともにスペックは同じ(8GB RAM,SSDのスピードのほぼ同じ、バッテリーの持続時間も7~時間)
  • スタイラスが必要で、HDMIの出力が必要であればTeclas F6 Plusがおススメだ
  • 良いキーボードが必要だったら、BMAX Y13の方がおススメ。Y13の方がキーに十分なスペースがあるし、タイプした時のレスポンスもとても良い
  • BMAXY 13のスクリーンは、ラミネート加工されていて、BMAX Y13の方がベゼルの幅が狭い。重さも1.25キロだから、Y13の1.46キロよりも軽いよ。
  • Teclast F6 Plusのスクリーンは、13.3インチの1080p、IPSパネルを使用
  • スクリーンの最大の明るさは、250ルクスだから、ぎりぎり標準的な最大光度だとおもう。屋外でもつかえると思うよ
  • Teclast F6 Plusのスクリーンは、ラミネート加工されていないので、BMAX Y13と比較すると映り込みがする
  • タッチスクリーンのレスポンス、精度ともにとても良い
  • でも、画面をタッチするとスクリーン全体が揺れるからね。中華製のコンバーチブルのノートPCは全部そうだけど・・
  • 液晶ディスプレイのガンマ値はSRGBが95%Adobe RGBが75%
  • ローエンドのPCにしては、画質は良い方だと思う。
  • Teclast F6の画面がもう少し明るくてラミネート加工されていたら最高だったのに!

スポンサードリンク

引用元:Techtablets

Teclast F6 Plusの性能は?

Teclast F6 Plusのパフォーマンス

  • Teclast F6 Plusは、GeminiLake Celron N4100のチップセットでデフォルトのパワーリミットが6Wに設定されているから
  • BIOSの設定で10Wに変更してもサーマル的に大丈夫
  • もしくは、パワーリミットを完全に外して・・・例えば14Wに設定しても大丈夫かもしれないね・・
  • ギークベンチ5のスコアは、シングル:1700、マルチ5060だから平均的な性能だ
  • 画面をスクロールした時のレスポンスも問題ないね
  • Wifiのスピードは、380-400Mbpsのスピードはでるね。
  • 重いスプレッドシートや、ワードを立ち上げても読み込みスピードは速いし、この程度の作業であれば全く問題なし
  • Windowsボタンを押すと、ポップアップ・メニューの立ち上がりも素早い
  • 4KのHVC10のコーデックを使用した動画を再生もできるよ。動画再生時の立ち上がりに時間が少しかかるけど、動き始めたらあとはキチンと再生できる
  • Chromeでタブを複数たちあげても読み込みには問題ないね

引用元:Techtablets

Teclast F6 Plusのバッテリ、ゲーム、スタイラス性能は?

Teclast F6 Plusのバッテリー性能等

  • GeminiLakeのラップトップの良い点は、バッテリーが長持ちする事だけど、、この個体のバッテリーの状態をみると、、既にバッテリーの劣化が始まっているね・・
  • バッテリーの持続時間は、6時間44分(アマゾンビデオ、Youtubeなど)中程度の不可をかけた状態。だいたい、7時間は持つね。
  • BMAX Y 13よりもバッテリーの持ちが少し悪いかな・・
  • Couter Strikeを720pfs、マルチコアレンダリングで動かしてみると30fps程度動作しているから悪くはないね。
  • ゲーム中もサーマルの状態は良くてCPUが51度にしか上昇しないね。
  • 他のメーカの機種で同じチップセットを仕様しているのに、CPU温度が80度を超える事があるからね
  • Teclast F6 Plusのスタイラスは、最悪だね。パームリジェクションの機能がうまく働いてないね。スタイラスがほとんどスクリーンに付くぐらいに近づけて、やっと反応するからね。
  • スタイラスのレスポンスは悪くない。でも、Photoshopで使うとカクカクすると思うね。
  • 実際に文字をかくとパームリジェクションが働かないから、手がスクリーンに付くと画面が反応してしまう。
  • Sufaceペンの性能には及ばないね
  • Teclas F6 Plusのウエブカムのクオリティはあまり良くない・・外付けのウエブカムをオススメするよ。

引用元:Techtablets

Teclast F6 Plusの総合評価は?

悪くはないけど、典型的なTeclast的な妥協のみられるのラップトップだ。例えば、スクリーンはラミネート加工した方がよかったし、Y13の方は、ラミネート加工されているなどなど、総合的にはBMX Y13の方が優れていると僕は思うよ。

Teclast F6 Plusまとめ

GOOD!!

  • サーマル性能が良い!CPU温度が70度を超える事はない
  • ビルドクオリティ良し、キーボード、タッチパッド良し
  • フルサイズUSBポートを2つ搭載
  • フルスペックのUSB Type-C搭載
  • 8GB DDR4 Dual Challen RAM仕様
  • 256SSD

BAD!!

  • スタイラスの性能が悪い
  • パームリジェクションの機能が無い
  • スピーカーの出力が足らない
  • ウエブカムの性能がわるい20FPS程度
  • スクリーンがラミネート加工されていない

引用元:Techtablets

Teclast F6 Plusコロテックのオススメ度は?

コロボット
コロボット「Teclast F6 Plusのコロテックのオススメ度は?」

 ずばり、星4だ!!」

消費電力の変更もBIOSで簡単に出来るしSSDのアップグレードもできる。一部機能を妥協した感じがとても中華的で大変ヨロシイ!!

十分に遊べる2020年中華ノートPCだね。

Teclast F6 Plusは、どこで買えるの?

世界のガジェットファン御用達、GEARBEST(ギヤベスト)にて発売中!!

ギヤベストでの購入方法はコチラの記事みてね

Teclast F6 Plusは、はコチラ

BMAX Y13はコチラ

読んでいただきありがとうございました!

Powerd by ココロが踊る中華テックノロジー。コロテック!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です