ガジェットおたくが電磁波アレルギーになるとどうなるのか? Part2

ガジェットおたくが電磁波アレルギーになるとどうなるのか? Part2

スマホ、タブレット、スマホを使っていて疲れたなって思うことは誰にでもあると思うが、僕は、7年前に電磁波過敏症となってしまった。ガジェット好きで、パソコンを仕事道具としていつも使用するIT担当でありながら電磁波過敏症になったのは、思いっきり致命傷だった。。冗談の様な話だけれど、ラップトップのパソコンに一歩も近づけない程深刻だった。ノートPCの前に座り、電源を入れると電磁波で頭の中がグルグルかき回される感じがしてパニックになるのだ。家電ショップなんて一歩も入れない。ある時スマホの新機種を手に入れて喜んでいたが、電源を入れた瞬間に具合が悪くなり呆然としていたのを思い出す。

電磁波って目に見えないだけに、周囲の人には全く理解されない点がとても辛いと思う。周囲からみるとただの思いこみとか、気にしすぎだと思われてしまう。電磁波過敏症って結局電磁波アレルギーなんだと思う。

発症してから7年の歳月を経て徐々に回復し、今ではあまり気にならない程度に健康に戻った。

その時から実践している方法を紹介する

電磁波過敏症の人は電磁波が体に溜まりやすいので、定期的に放電してやると良い。

対策その1 シャワーを浴びる

パソコンやタブレットを長時間使用した後はシャワーを浴びると、体に溜まっていた電磁波を放電できる。

対策その2 水道の蛇口から放電する

洗面所にある金属製の蛇口を手で握り、水道管経由で体に溜まっている電磁波をアースにして放電する。水道管のパイプは、地面にまで伸びていいるので水道管経由で体に溜まった電磁波を地面に放電する。スマホとかタブレットを使っていると、手に電磁波が溜まるので蛇口から放電するのは良い方法だと思う。

対策その3 裸足で地面の上に立つ

裸足で地面に立ちそこから、体にたまった電磁波を放電する。

対策その4 ノートパソコンはそのまま使用しない

ノートパソコンをそのまま使用すると、どうしても前傾姿勢となってしまい姿勢がとても悪くなる。さらに、電磁波の発生源であるパソコンとの距離がとても近くなってしまうので電磁波を直接浴びてしまう。僕は、その事を経験的に知っているのでノートパソコンを使う時はノートPCスタンドをいつも使用している。(参照:ノートPCスタンド記事

一番良いのは外付けモニターを使用する事。外付けモニターを使用する事で、ノートパソコンとの距離も離れるので電磁波の影響をうけにくくする。ちなみに、僕の感覚だとパソコンのメーカによって電磁波のシールドが良く施されているものとそうでないものがある。あくまでも個人的な感覚だが、Appleの製品は、電磁波対策が良くされていると思う。電磁波アレルギーフレンドリーな製品だ。一方Lenovoの製品はそうでもなかった。。(参照:ガジェット好きが電磁波過敏症になるとどうなるか?

スポンサードリンク

対策その5 ワイヤレスの製品は使用しない

ブルートゥースを使用した製品は使用しない。僕の場合、ワイヤレスキーボード、マウス等はある程度症状が改善してから使えるようになった。ブルートゥースのヘッドセットは、便利だろうなと思うのだけれどこわくて使用できません。笑)なので、ケーブルをつかったUSBマウスとかキーボードが良いと思います。

対策その6 SSDドライブを使う

最近はほとんどSSDのドライブなので問題ないと思うのだけれど、ハードディスクは過敏症過敏症には大敵である。高速回転しているディスクが体に悪影響を与えるのだ。

対策その7 姿勢を良くする

僕の経験では電磁波過敏症になる一つの原因は、体のエネルギーの流れが滞っているのが理由だと思った。健康な人であれば体の”気”の様なエネルギーがグルグル循環していて、電磁波から体を守っているのだ。例えば、オゾン層が地球を宇宙の放射能から守っている様なものだ。

姿勢が悪いと体の”気”の流れが自然と悪くなってしまうので、電磁波の影響をもろに請けてしまう。だから、日頃から姿勢を良く保つように心がける事は大切なのだ。

そして電磁波過敏症の究極の対策とは!

対策その8 電磁波に負けない身体をつくる

僕の経験では、これが究極の対策であり治療方法だ。当たり前の事の様に思えるが、体を動かす事、運動することで電磁波に負けない体ができる。そこで、オススメするのが”ヨガ”。ヨガは体のエネルギーを効果的に動かし、本来の身体を取り戻してくれる。

電磁波はそもそも身体に良くないものなので、電磁波が飛び交っている今の生活の中で電磁波アレルギー(電磁波過敏症)になってしまうのは、ある意味当然である。でも、電磁波アレルギーになる人とならない人との違いはこんな感じ分類されると思う

  • 鈍感である。単純に鈍感なので電磁波を影響を請けているにもかかわらず気付かない。知らない間に、悪影響が蓄積し最終的に病気になる。
  • 敏感である。敏感なので悪影響を請けないようにと身体が電磁波アレルギー(過敏症)の信号を出してしまう。
  • 敏感であるが、身体がエネルギー的に調和している(例”気”のめぐりが良い)ので電磁波の影響をあまり請けない。

僕の経験だと基本的に電磁波対策のグッズを沢山購入したが、どれも効果が無かった。その理由の一つは、電磁波に超過敏になっていたので、少しでも電磁波が漏れていると無意識的にそれをキャッチしてしまうのだ。そこでオススメなのが、防ぐよりもヨガなどで自分の身体を作る方法なのである。この試練を乗り越えると、人生の中で一番健康な身体と心を手に入れることが出来る様になりますよ。ある意味、チャンスです!

 

電磁波アレルギーについての本を出版しました。是非、御覧ください。

スポンサードリンク

4 件のコメント

  • スマートウオッチ使用をやめました。なにかと便利で、気短かな私には好都合なものと買いましたが、火傷して、腕の調子がおかしくなり、、首が痛く。年のせいかと思っていたが、偏頭痛がおきやすくもなり天候のせいかと納得させていた。電磁波って怖い。枕元にスマホをおくのもやめます。販売元に返そうと思います。処理の仕方がわからないので。

    • こんにちは!

      コメントありがとうございます。

      私も、スマートウォッチは、人体への影響が以外に大きいように感じています。

      その理由は、

      スマートウォッチが自分の”手首”と電磁波(ブルートゥース)が密着していること、
      それから、手首には”ツボ”があるので”気”の流れが電磁波の影響を受けて乱れてしまうのだと思います。

      ブルーツースが不要な場合は、オフにしてスマートウォッチを使用しています。

      Koro-Tech

  • はじめまして。

    ダイエットの為に活動量計を探していて、
    スマートウォッチを検討していますが、電磁波が気になり、調べるうちにこちらの記事にたどり着きました。

    LINEや、着信が確認出来ればより便利なので、スペック的にも安心なアッ◯ルウォッチを。。と思っていましたが、やはり電磁波に関してはまずそうですね(^_^;)

    着信通知などの機能は、電磁波の問題を考えるなら、ないものを選ぶ方が良いのでしょうか。

    この際、腕につけるタイプではない普通の歩数計にしようかと悩んでいます。

    電磁波の問題の比較的少ないスマートウォッチがあれば教えて頂けると幸いです。

    • こんにちは!

      ご連絡ありがとうございます!

      電磁波アレルギーの記事を読んで頂きありがとうございます!

      あくまでも、私の個人的な体感なのですが、

      Appleの製品は電磁波対策が他社製品と比較するとキチンとされている印象があります。(スミマセン、iWatchは使用した事はないのですが。。)

      安物の中華製スマートウオッチは避けた方が良いと思います、電源を入れただけで具合が悪くなる事が多々ありました。

      不要な時は、ブルーツースをオフにして使用するなど工夫して使用はできると思います。

      私の場合は、体調の良い時にはスマートウォッチを一日中使用しても問題ないのですが、体調の悪い時には10分使用するだけで具合が悪くなる事があります。

      スマートウオッチは、手首に直接付けるので個人的には電磁波の影響が大きいと感じています。

      手首にはちょうど、”ツボ・経絡・神経”があり、そこに直接スマートウォッチが密着するので、身体のバランスに影響があるのだと思っています。

      以外に、普通の万歩計で良かったりするのかもしれませんね。。

      ただし、電磁波を過度に怖がったりする必要はないと思います。

      私の場合は、電磁波アレルギーになったのは、姿勢が悪かったり、運動不足だったり、長時間パソコン使用していた事が原因でした。

      たくさん運動をしてより健康な身体を作るとで電磁波に対して免疫ができました。

      スミマセン、回答が長くなってしまいましたが、ご参考までに。

      また、何かありましたらお気軽にどうぞ!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です