USBハブ 供給電源不足解決 簡単 DIY

USBハブが供給電源不足で動作しない?

筆者はMac mini late 2012を使用しているが、USBポートに、USBメモリー、USBマウス、キーボードのドングルなど、たくさん差し込んでいると、突然使えなくなる時がある。

USBメモリーを抜き差ししたり、USBケーブルを交換したり色々試したが動かない。

購入したばかりのUSBハブなのに、なぜ?と以前は思っていたが、どうやらほとんどの場合は、供給電源不足だった事が判明。(もしくは、USBハブへ繋がっているケーブルの接触不要)

USBポートに割り当てられている電力は、あらかじめ決められているので、大容量を必要とするUSB機器を繋げると、電流が流れすぎないように、USBポートが使えなくなるように設計されている。

だから、量販店で販売されているまともなUSBハブには、大きな電源アダプターが付属でついてくるのだ。

僕は、いつも思っていたのだが、大きな電源アダプターで邪魔だし、見た感じもキレイではない。何か良い方法はないのだろうか?

あ、簡単な方法を思いついたぞ! そこで、電源供給部分を自作してみた。

USBハブ電源供給DIY

構成はいたって簡単で、100円ショップのUSBケーブルの小さいコネクタ側をニッパで切って、USBハブの電源供給端子に直接ハンダ付けしてしまう。

そして、USBケーブルの大きい側のコネクタをUSBチャージャに接続。つまり、USBチャージャを電源アダプターの代わりに使うのである。

このDIYを行うには、テスターが使えて、半田付けの技術がも必要だ。100円ショップの充電専用のケーブルはプラスとマイナスの2本しかないので、

スポンサードリンク

プラスとマイナスの極性に注意して、USBハブのボードの給電用のポートに直接ハンダ付けすればOK。

そして、USBチャージャに接続すれば、完成!

もちろん、挑戦者は自己責任でお願いします。(USBケーブルの上限アンペアとか決まっているので気をつけてね)

そもそも、こんなケーブルがあれば良い

DIYも楽しいのでオススメだが、自作しなくても、こんな電源供給用のケーブルが存在する。

ジャックをUSBハブの側面にある電源供給の小さい丸い穴に差し込む。

USB端子側をUSBチャージャに接続すれば完成!

ほとんどの小型のセルフ給電式のUSBハブには、給電用のジャックの差込口が側面についているので、この方法でOKなはずである。

おためしあれ

Powered by Koro-Tech

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です