Parallels 13 ファイルコピー エラー Error Code -36

Parallels 13 ファイルコピー エラー Error Code -36

経緯

マックでWindows10を仮想化するぞ!と意気込みParallels13を購入。若干覚悟はしていたが、愛用のMacmini (late 2012)では、あまりにも非力な事が判明

仮想化したWindowを立ち上がってくるのが異様に遅い。起動に要する時間約5分。起動した後もマウスのカーソルを動かすのもやっとの程度。10年前のパソにWindows10をインストールしたみたいだ。

数年前に同じマシンで、昔のParallesでXPを動かした時はサクサク動いたのだが。時代が変わったのね。マックを新調する予算もないので、ハードディスクをSSDに交換する事に!

移行手順

SSDに新規インストールするつもりなので、Paralles13の引越し準備を開始。手順を調査してみると、新しいマックに移行する準備に2つの手順が必要みたいだ。

  • Parallelsのファイルのコピー
  • アカウントからのログオフ

Windowsを新規にインストールするのかな。。なんて思っていたけれど簡単にできそうだ。

ところが、最初のParallelsのファイルのコピーの手順でつまずいてしまった!Windows 10.pvmのファイルをHDDにコピーを始めると、コピーが90%くらいのところで、必ずエラーがでるのだ。

そして、そのエラーがこれ。英語の設定にしているのだけれど、Error Code -36でコピーが必ず失敗する。

HDDを他のブランドに交換したり、22ギガの大容量ファイルを何度もコピーを挑戦したけれど結果は同じ。。試行錯誤を繰り返す事数時間。

トラブルシューティング

エラーメッセージをよく読むと、Windows 10.pvmの”いくつか”のデータが読み書き出来ないと書いてある。Window 10.pvmのファイルの見てみると、パッケージファイルになっているのに気がついた。

スポンサードリンク

Windows 10.pvmのファイルを選択して、右クリックで”Show Package Contents”を選択

すると、パッケージの中のファイルが確認できる。中のファイルを一つずつHDDにコピーしていくと、*.mem ファイルだけコピーできない事が判明。このファイルは使用中なのか?

解決策

Parallelsに戻って、Windows10の状態を確認すると一時停止の状態になっていた。

試しにWindows10を完全に”終了”させてパッケージの中身をみてみると、コピーできなかった拡張子がmemのファイルが消えている!

これで、めでたく Windows10.pvmファイルがコーピー外部HDDにコピーできました。Windows10のライセンスを再度購入する必要があるのかと、ドキドキしましたが簡単に解決しました。

まとめ

Window10.pvmファイルをコピーする時は、仮想Windowsを完全に終了させましょう!

Powered By Koro-Tech.

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です