2018 トップ8 ラズベリーパイOS 動画レビュー Chromebook化も?!

イギリスから、コンピューター・テクノロジ・レビュー専門サイト(ExplaningComputers)から、2018年ラズパイ・TOP8ディストリビューションの紹介です。さあ、きみは何種類のディストリビューションを使った事があるかな?これだけあれば、しばらくはラズパイで遊べる事間違いなし。

Koro−Techでは、ExplaningComputersクリストファー氏がの許可を得て翻訳ブログを作成しています。

1.ラズビアン

最初に紹介するのは、もちろん公式ディストリビューションの”ラズビアン”だ。ここ数年間で、ラズビアンのインターフェイスはずいぶんと改善し、カスタマイズ出来る様になった。解像度も多くの種類に対応する。デフォルトの状態で、多くのプログラミングのソフトや、ユーティリティソフト、リブレオフィス、クロミウムブラウザー、ゲーム、アクセサリーがインストールされている。

Raspbian: https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

 

2.Ubuntu MATE(ウブントゥ・マーテ)

次に紹介するのは、Ubuntu MATE(ウブントゥ・マーテ)。マーテはスペイン語の発音になる。ラズビアンと比較するとユーザ・インターフェイスが良くなっているが、その分、CPU、メモリー等のリソースを多く消費する。なので、起動に若干時間がかかり、UIの操作に遅延も時折みられる。

Ubuntu MATE(ウブントゥ・マーテ)は、比較てき重たいディストリビューションなので、ラズパイ・ゼロと、ラズパイ1には対応していない。

ご覧の通り、Ubuntu MATEは、スタイリッシュで特徴のあるデスクトップになっている。デフォルトで数多くのソフトが入っていて、プログラム学習ソフト、グラフィックソフト、Firefox、リブレオフィス等。

残念な事に2018年7月現在、RASPBERRY PI 3 MODEL B+のイメージがない。でも、近い将来ダウンロードできる様になると思われる。

もちろん、多少試行錯誤をすればMicroSDカードに、このディストリビューションをインストール出来る様になると思うけれど。

Ubuntu MATE: https://ubuntu-mate.org/raspberry-pi/

3.RetroPie(レトロパイ)

次は、レトロゲームを動かす為のエミュレータソフトRetroPieだ。昔のコンソール・ゲームとか、アーケード・ゲームなど昔のマイコンのゲームをエミュレートする。

RetroPieは、ラズビアン上のインストールする事もできるので、正確にはディストリビューションでない。単体で直接ライズパイへのインストールも可能だ。RetroPieを起動すると、エミュレーション・ステイションと呼んでいるフロントエンドのUIがあり、そこからゲームが起動できる様になっている。

RetroPie(レトロパイ)には、ゲームのイメージはロードされていない。RetroPie(レトロパイ)自体は、合法だが著作権のあるゲームをダウンロードするのは違法となる。

しかし、レトロゲームの熱狂的なマニアによって作られたゲームもあるので、それらは合法的にダウンロードしてRetroPieで遊ぶ事ができる。Blade Buster by High Level Challenge

RetroPie(レトロパイ)ダウンロード:https://retropie.org.uk/

スポンサードリンク

4. OSMC(Open Source Media Center)

OSMCは、動画を再生するのに便利なので僕は気に入っているよ。このディストリビューションは、Kodiをもとに開発されていて、USBメモリ上の動画や、ネットワーク上のストーレッジから再生できる。それから、アドオンを追加する事で、Youtubeなの再生が可能だ。

今回は、Youtubeのアドオンをインストールしたよ。でなければ、僕に会えないでしょう?

OSMCを操作するインターフェイスはとてもシンプルで、スキンのカスタマイズも簡単に行える。だから、KodiのUIが好きだったら、変更できるよ。

OSMCダウンロード https://osmc.tv/download/

5.Openmediavault(オープンメディアボルト)

Openmediavault(オープンメディアボルト)を使うと、ラズパイをNAS装置にする事ができるんだ。動画で分かる様にNASの設定が簡単に行える様になっている。

Openmediavaultダウンロード https://www.openmediavault.org/

6.Pi MusicBox

Pi MusicBoxを使うと、音楽をストリーミング再生する事が出来る。Spotifyや、GoogleMusicなどネットワーク上の音楽も再生できる。今見ている動画は、アンドロイドタブレットからPi MusixBoxのウエブ・インターフェイスにアクセスして音楽を再生している様子だ。

つまり、ラズパイをステレオに接続して、ソファーからスマホや、タブレットを使って音楽の操作ができる。唯一の問題は、ラズパイの音質は悪いので、USBカードなどのモジュールを繋げる必要がある。

7.motionEyeOS(モーション・アイ・オーエス)

motionEyeOSを使うと、ラズパイをネットワーク監視カメラに変身させて、ウエブ・ブラウザーから操作する事が出来て、写真を取ることもできる。USBカメラ、もしくはラズパイ用のカメラを接続して使う。

ダウンロード:https://github.com/ccrisan/motioneyeos

8.FlitOS(フリントOS)

最後に特殊なOSを紹介するよ!FlitOS(フリントOS)は、ChromiumOSで、ラズパイをChromeBookに変身させる事ができる。

つまり、FlitOS(フリントOS)を起動時に、Googleアカウントでログインしなければならない。ログイン後は、クロームブラウザーが立ち上がるので、ブラウザ上で作業を行う。

デスクトップとてもシンプルで、右下にコントロール・パネルが配置されている。左下のランチャーをクリックすると、Googleのアプリが選択できる。Googleドライブへのアクセスもできるし、ドキュメントのアプリも起動できる。

https://flintos.io/download/

 

Powered by Koro−Tech

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です