ガジェット

Hohem iSteady X レビュー 3軸 スマホジンバル TikTechで最安値 クーポン付き

いや〜、コロナ渦に乗って、中華スマホの進化が一段と激しくなってきたな

スマホの進化と伴に、周辺機器の進化も激しい

コロボット

そんな、流れで今回はHohem iSteady X 3軸ジンバルのレビューです

まずは結論から・・

  1. Hohem iSteady Xは、小型・低価格ながらも実力派のギンバルである
  2. 中華オンラインショップ、TikTechであれば、なんと5,652円で購入が可能
  3. ビギナーからプロまでオススメできる一品

Hohem iSteady X レビュー

なにっ、2020年2月から海外で発売になった、Hohem社のiSteady Xが日本に上陸したのか?

確か・・超小型・軽量な3軸ジンバルなんだよな?

ラスベガスで開催されたCES2020で脚光を浴び、世界中のガジェットマニアも、大絶賛の一品だ。

Hohem iSteady Xの特徴

  • 軽い(超軽量の259グラム)
  • 小さい(17.9cmx7.9cmx3.89cm)
  • 精度良し(3軸のモータで安定した動作が可能)
  • しかも安い!最安値5,652円(クーポン適用後)

コロボット

しかも、お値段が相当お安くなっております。

そ、そうなのか?

コロボット

はい、アマゾンでは7,999円で発売ですネ
でも、内緒の話ですが・・中華ガジェット・セレクトショップのTikTechであれば、なんと5,652円で購入が可能デス。しかも、国内在庫デス

え?Hohem iSteady Xがクーポン適用で5,652円?

コロボット

コチラが価格の比較にナリマス

値段
アマゾン定価7,999円
TikTech定価7,221円
TikTechオンラインショップ VS アマゾン 価格比較
コロボット

そして、TikTechクーポン適用後の超特価です

TikTechクーポン特価5,652円
TikTechオンラインショップ VS アマゾン 価格比較

Hohem iSteady X 
21%割引クーポン:HOHEMX80M

コロボット

いかがでしょう?TikTechの実力は?

す、凄い破壊力だな、TikTechは・・・定価がすでにアマゾンよりも安いぞ!

クーポン適用後の価格は・・まさに底値だな・・

中華オンラインショップTikTechとは?

コロボット

中華ガジェットセレクトショップのTickTechの説明は、コチラ

【TikTechとは?】

スポンサードリンク

  • 2019年に立ち上げられた中華オンラインショップ
  • 日本国内に倉庫があるから、国内発送が早い
  • アマゾンと同等レベルのサービスを提供
  • しかも、アマゾンよりも低価格

TikTechは、中華ガジェットマニアの為のセレクトショップなのだ!

ほ〜う、国内発送とは嬉しいね〜。

しかも、アマゾンより価格が安いとは素晴らしい。

Hohem iSteady X のスペックは?

コロボット

スペックはコチラ

寸法17.9cm X 7.9 cm X 3.89 cm
動作時間8 時間
チャージ時間2 時間
動作温度-10〜45
可動範囲パン: 320°
ロール: 320°
ティルト: -30°~+30°
対応スマホ大きさ重さ: ≤280g
厚み: ≤0.43 inches
幅: 2.17~3.54 inches

Hohem iSteady X 動画でチェック(1)

それでは、海外YoutubeチャンネルTechLineからHohem iSteady Xのレビュー動画へレッツゴー

  • $70以下の価格なのに、付属しているアクセサリーの多さには驚きだ
  • 小型の三脚が付属なので嬉しいね
  • 最近のギンバルの流れと同じように、Hohem iSteady Xもコンパクトに折りたたむことが出来る
  • 本体はプラスチック製だが、安っぽさは無い
  • 280グラムまでのスマホをサポートしているから、スクリーンのサイズを気にせずに、スマホで使える。 
  • このギンバルは、galaxy s20 ultraとiPhone 1.1 Pro maxの両方をサポートている
  • 背面の広角レンズがギンバルで遮られることもナシ

Hohem iSteady X 動画でチェック(2)

  • ボタンとジョイスティックの反応もとても良い
  • Type-C経由で内蔵のバッテリーに充電ができる
  • 動作時間は最大8時間
  • フル充電に必要な時間は約2時間
  • 付属のトライポッドは簡単に脱着が可能
  • パン・チルト・ロールの3軸の動作ができる
  • Hohem Proのアプリを使うことで、ポテンシャルを最大に活かすことが出来る
  • この価格帯であると、アプリとギンバルの接続が安定しないこともある
  • アプリで撮影モードの変更、解像度の変更もできる
  • 被写体の顔を認識するので、自動的に追尾できる
  • インセプション・モードを使うと、ギンバルを回転させながら撮影できる
  • パノラマモードを使うと、周囲をぐるりと自動撮影してくれる

Hohem iSteady X まとめ

  • 中華オンラインショップ、TikTechであれば、5,652円で購入がデキル
  • だから、3軸銀ギンバルを始めて使う初心者にはオススメだ
  • 小型軽量なので、サブのギンバルとして持ち運びに便利だ
  • 対応する機種については、要注意

読んでいただきありがとうございました!

Powerd by ココロが踊る中華テックノロジー。コロテック

スポンサードリンク