「中華ガジェット」海外通販10年前は命がけだった

10年前、海外通販でトラブルのは当然だった。商品が届けばラッキー。偽物商品をつかませるのは覚悟の上。

その頃と比較すると、中華ガジェット通販サイトの信頼とスピードは格段に上がったのは間違いない。

一番記憶に残っているのは、10年ほど前に初めてのイーベイ(e-bay)で購入したポータブル・空気洗浄機。

首からぶら下げるタイプで、電池を入れるとマイナスイオンを大量に放出して、喘息も治るとの触れ込みの商品だった。

定価が300ドルのところ、なんと50ドルで販売されているではないか?!興奮もさめやらぬうち、さっそく、ポチる事に。

販売業者は、中国のどこかしらない都市。6週間後、忘れた頃にシドニーの自宅に到着

郵便物を開いてみると、パッケージが印刷が日に焼け、ずいぶんと年季が入っている。どこか、倉庫の奥から少なくとも5〜6年は眠っていたにちがいない。

商品は思ったよりも小さく、マッチ箱程度の大きさだった。しかも、軽い。。

なぜ、こんなに軽いんだ。首からぶら下げるタイプだから、きっと空気の様に軽い仕様になっているんだね。

マイナスイオンを発生させる端子を上から覗いてみると、中でプラスチックのケースが歪んでいる。

電池のケースを蓋を取り出し、同じくイーベイでどこかの業作から購入した小型リチュウム電池を中に入れる。このリチュウム電池も随分と軽く、正体不明のバッテリーだった。

おもむろに電源ボタンを押すと、バリバリバリと火花を散らしながら白い煙がもうもうと上がり始めた。僕は、慌てふためき電池を取り外した。

もし、首からぶら下げて電源を入れていたらかなりの勢いで感電していたね。喘息が治るどころか、煙で悪化だ。下手したら死ぬんじゃないの?

スポンサードリンク

ポータブル空気洗浄機が粗悪なのか、リチュウム電池が粗悪なのか、それとも粗悪x粗悪の相乗効果なのか?

どうやら、イーベイ(e-bay)のデビュー戦で偽物に引っかかったらしい。

日本に住んでいた時は、粗悪なコピー商品が売られている事はまずないが、今でもイーベイを覗いてみると怪しげな商品が売られている。

ちなみに、シドニーの小学生が遊んでいる、ポケモンカードやベイブ・レード・バーストは全部偽物だ。ポケモンカードについては、HPの桁数が異常に多く、強すぎてバトルにならないレベル。

ベイブレード・パーストについては、本物のベイと偽物のベイを対決させると、かならず「偽物」が勝つ。

なぜか?偽物は、作りが悪いのでバーストしないのだ!正義(本物)は負けるのである。

話は、若干ズレてしまったが、ここ数年イーベイを始め、中華ガジェットの通販サイトの信頼とレベルは格段に上がったと思う。

オーストラリアにも、昨年アマゾン・オーストラリア(Amazone.com.au)がオープンし、通販サイトの競争も激化している様に思える。

アマゾン進出の影響か、オーストラリア・イーベイに出店するお店も、受注してから配送までのスピードが明らかに早くなった。

先日、シャオミ(Xiaom) Mi Pad4をAliexpressで購入したが、月曜日に注文を確定して、DHL経由で商品シドニーの自宅に到着したのは、なんとその週の金曜日だった。販売店が香港だったので、なおさらスピードが早かったのだろう。

シャオミを中心とした、中華ガジェットが躍進する昨今、中華ガジェットを安心して個人輸入出来る環境が整ってきたのは、嬉しい事だ。

Powered by Koro−Tech

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です