笑える話 オーストラリアの小学校がおもしろい!

筆者は、現在オーストラリアに在住13年目。5年生の息子が現地の小学校に通っている。

僕たち家族が住んでいる地域は、シドニーの郊外で、アジア人の多い街である。

息子のクラスには、中国人、インド人、フィリピン人、アメリカ人、日本人、ブラジル人、韓国人、そしてオーストラリア人。

アジア系の生徒の割合が多くて、逆にオーストラリア人が少ないくらいだ。

息子の情報によると、多種多様な文化的バック・グラウンドを持った子どもたちが多ので、

クラスでは、日本では考えられないワイルドで楽しい事になっているらしい。

そこで、息子の教えてくれた笑える話を紹介。

クラスのある生徒が受業が退屈だったので、こっそりと、クラスの全員にアンケートを取り始めた。

受業も後半に差し掛かったところで、その生徒はアンケート用紙を回収して、集計を開始。

アンケートの結果が出たので、その子はおもむろに立ち上がり、

受業中の先生のところに行って、先生に結果を発表。

生徒「先生!アンケートの結果がでました」

生徒「80%の生徒が、先生の事を嫌いだといっています」

先生「外で立っていなさい!!」

その子が、後で先生に干されたことは言うまでもない。

日本の小学校と違って、オーストラリアの生徒はワイルドだけれど、ある意味子供らしいと思う。

変に学校の先生や、親の言うことに従っているよりも、自由で子供らしさが表現されている。

他にも、面白い話がある。

オーストラリアの小学校でもベイブレード・バーストが流行っている。

スポンサードリンク

高価でなければ、ちょっとした玩具であれば、先生も何も言わない。

ベイブレード・バーストは、ベーゴマの一種で負けると、コマがバラバラになって飛び散る仕組みになっている。

ある時2人の子供が遊びに熱中している。

ベイブレードがバラバラになって飛び散った瞬間、物陰に隠れていた子供が飛びだしてきて、

コマの部品を拾って走り去ってしまう。

また、ある時は、テーブルの置かれた100枚はあるポケモンカードを、自分の荷物から

物を取り出すフリをして、片方の手をこっそりと伸ばして、数枚そっと抜いていく。

他にも、ある子からポケモンカードを5枚貸してくれていわれたので、貸してあげた。

30分後に返してくれといったら、既に他の子とトレード済。。もちろん返してもらえない。

息子の話では、こんなの事が日常茶飯事。日本の小学校だったら大問題になって、

おもちゃをもってくるのを禁止とかになりそうである。

でも、見方を変えると。とても”良い学びの場”になっていると思う。

つまり、不用意にものを貸すと帰ってこない可能性があるとか、

自分の所有物には注意を払っていなければならないとか、

もし、大人になってから学ぶと、お金とか、もっと高価なリアルな物になるので、

代償が高くつく。

そう考えると、小学生のうちに玩具をつかってリアルな学びをしておけば、

大人になってからも困らないだろう。

小学生は、デイズニーランドではなくて、最低限のモラルだけ先生が見ておけば、

後は野放しでも、子ども達は逆にたくましく育っていくのではないだろうか?

Powered by Koro-Tech

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です