海外発 Xiaomi シャオミ Mi 8 SE 開封 レビュー 翻訳(前半)

TechTablets.comより、シャオミ Mi 8 SEのレビュー動画 前半

スペイン発、中華タブレット・レビューの専門性とTechTabletsのクリス氏による、Xiaomi シャオミ Mi8 SE一ヶ月使用後のレビュー。

(本ブログは、クリス氏の許可を得て翻訳しています)

レビュー

Mi 8 SEは、Mi8の下位モデルは5.8インチのスクリーンを搭載。CPUは、スナップドラゴン710搭載で、メモリサイズは4〜6ギガバイト。

内蔵メモリは、EMMC5.1の64ギガのみ。128ギガと、256ギガのオプションが無いのは、正直失敗だと思う。だって、MicroSDカードに対応していないんだ!

スペック

スクリーン 5.88インチAMOLED 19:9
解像度 2244x1080
CPU スナップドラゴン710
RAM 4〜6ギガ、64G でeMMC 5.1搭載
SIM Dual SIM, Wifi AC + BT 5
アンドロイド Android 8.1 with MIUI 9.5
バッテリー容量  3120mAh

レビュー(外観、カメラ、スクリーン、通話品質)

ビルドクオリティはとても良くできているスマホだ。外のフレームは金属製で、背面はガラスで出来ているので、ソニーのエクスペリアや、iphone10みたいな外観になっている。

動画で外観チェック

質感はとても良いいよ。右サイドの真ん中に電源ボタンと音声ボリュームのボタンがあるけど、電源ボタンの触り心地が違うので、区別がつきやすいよ。

背面のガラスは、2.5Dだけれど、傷つきやすいよ。ケースに入れていたのに、もう傷がついてるんだ。一体どうして傷が付いたのか僕にもわからないよ。

背面のカメラは、2つある。メインのセンサーは、12メガピクセルで、F値が1.9のソニー製IMX363センサーを使用している。これは、良いセンサーでフラッグシップのスマホによく使われている。

Mi8のスマホにも使用されているが、このモデルは光学式の手ぶれ補正は付いていない。電子手ぶれ補正のみ対応をなっている。今現在、1080pのみでの撮影が可能で、4Kはサポートしていない。写真は、よく取れているのであとで紹介するね。下段に位置するセンサーは、ポートレイト・モードのときに使用し、背景をぼやかすために使われている。

動画でセンサーをチェック

上部には、赤外線送信センサーが付いており、通話の為の予備のマイクが付いている。あとは、アンテナの黒いラインが2つ見える。

動画でスピーカ・タイプCポートをチエック

下部には、タイプCのポートとラウド・スピーカーが付いている。ヘッドフォンをつなげる場合は、アダプターを使用し繋げる。ノイズがなく、音声がとてもクリアーに聞こえる。ラウドスピーカの性能もいいよ。100%の音量で音が若干ゆがむけどね。

左側には、SIMトレイがある。そして、他のスマホよりも、とても大きいノッチになっている。

動画でノッチをチエック

スポンサードリンク

実際通話をしてみると、スピーカーのスリットが小さい為か、音質は普通な感じで、ものすごく良いわけではない。音質もフラット(抑揚がない)感じがする。音量は、十分だね。

フロントには、セルフィー用のLEDフラッシュライトがあり、20メガピクセルのカメラを搭載し、F値が2.0となっている。それと、シャオミのスマホにはありがちだが、露出オーバぎみになる。

ディスプレイは、サムソン製のAMOLEDを使用して、とても明るいよ。最高719ルクスなので、超明るいデイスプレイだ。色の再現性も良いし、白の発色も良い。

動画でスクリーンの質感をチェック

もちろん、自分の好みの色に設定できるよ。HDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応。

唯一、不満な点は一定の角度に傾けると、”黒”の色合いが深い黒色では無くなってしまう事だ。

僕が思うには、原因はAMOLEDをカバーしているガラスもしくは、AMOLED液晶とガラスの間に小さな隙間があるか、AMOLEDの外側の層が原因なのか。でも、これはマイナー問題だね。

このディスプレイは、Me6XやRedme Note5が使っている、IPS18x9のスクリーンよりも個人的には遥かにイイと思う。

UI(ユーザインタフェース)は、MIUI 9.5を使用している。UIについて詳細は触れないけれど、ダブルタップの機能とか、盛りだくさんだよ。

AMOLEDパネルを使っているので、スクリーンを常時オンにしておく機能との相性も良いよ。現時点では、日時とメッセージ程度しか表示されないね。ユーザが表示するメッセージをカスタマイズできる様になればいいのにと思う。もちろん、バッテリーは少し消費するけれどね。

動画でスクリーンを常時オンにする様子をチェック

UIについて一つだ言うと、各種通知を見たい時は、スクリーン上部を下にスワイプさせなければいけない。バッテリーの残量についてもそうだ。シャオミは、アップデートでこれを修正した方がいいね。だって、スワイプする時に若干遅延が発生するからね、でも処理能力は高いのでチップセットの問題ではないよ。

あと気がついたのは、UIにマイナーなバグがある事。例えば、アイコンが重なりあってたり、フルジェスチャー・モードだと若干の遅延があるよ

 

シャオミ Mi 8 SE レビュー後半へ続く

GEARBESTからの購入はコチラ! >>GEARBEST Xiaomi Mi 8 SE 4G

Powered by Koro-Tech

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です