LePow IPS ポータブルモニター レビュー&動画15.6小型・軽量・格安だぞ!

コロボット
「今回は、LePowからポータブルモニターのレビューデス」

うむ~、コロテックでも、古いノートPCをバラして無理やりポータブル・モニターを自作してたからな。自作モニタの記事は今でも、大人気の記事だからな

2500円でジャンクノートPCをラズパイモニターに改造

時代がついにコロテックに追いついたって訳だ!

メジャー・デビューも近いぞ!!ハッハッハ!

引用元:ギヤベスト

コロボット
「コレですカネ・・」

・・

そりゃ、メジャー違いじゃ!

コロボット
「デハ、コチラデ?」

・・

ちゃうわい!!

うむ、確かにかたちはメジャーに似てるが、なんでコロテックがカタツムリなんだ?!

コロボット
「記事の更更新がいつも遅いデスノデ」

・・・

おう!コロボット、お前もう一度、大量に画像を入力してデープ・ラーニングやり直しの刑だ。

AIの画像認識ロジックを作り直すぞ。

コロボット
「ヒー、それだけはご勘弁ヲー」

コロボット
「エスカルゴ大好キー」

変なAIロボットだ。やって、おられんなあ・・

LePowのポータブルモニターが大人気な理由は?

コロボット
「LePowの特徴はコチラ!」

LePowの特徴

  • スマホをつないで、大画面でゲームが出来る!
  • Xboxにつなぎ、こっそりゲームができる!!
  • ラズベリーパイの外付けモニタに最適!
  • 小型で持ち運びに便利
  • Type-C入力に対応
  • スマホのモバイルバッテリから電源供給できる!
  • 低価格1万9000円台と数年前には考えられないほどの、激安超特価!
  • LePowは、アマゾンでの評価も、星4.5と高評価の薄型軽量ポータブルモニタだ

引用元:ギヤベスト

LePowとは一体どんな会社なのだ?

ところで、Lepowってどんな会社なんだ?

コロボット
LePowとは、香港を拠点にした、2011創業のモバイル系のアクセサリを開発している企業です」

ほう、、中国の企業か?

コロボット
「イエ、香港デス」

コ、コロボット、、微妙な問題はそっとおこうね。

E-Bookとか・・一番右にあるのは一体なんだ?化粧品かあ??

引用元:LePow

コロボット
「モバイルバッテリーかとオモワレマス・」

LePowポータブルモニターのスペックは?

  • LePow15.6インチ 1080p
  • IPSモニター
  • 輝度 250ニット
  • 厚み14ミリ、本体700g
  • ケース付属
  • Type-C、HDMI1.4a入力
  • 3.5ミリジャック、Type-C電源

それでは、いつもの様に、世界の中華ガジェットファンが注目の、スペイン発・Techtablets、クリス氏のレビュー動画へいってみよっ!

LePowポータブルモニター動画レビュー

引用元:Techtablets

  • LePowから提供されたIPSポータブルモニターのレビューだ
  • でも僕のレビューの内容は全て、僕の正直な意見だからね
  • 付属の電源アダプターは、5Vの2Aを使用
  • スマホの電源アダプターでも動作するね
  • USB -> Type-Cケーブル
  • スクリーン・プロテクター
  • Micro HDIM -> Micro HDMIケーブル
  • Type-C ->Type-Cケーブル
  • ケースを含めると重さは、1.1キロ

LePowポータブルモニターの外観チェック!

スポンサードリンク

引用元:Techtablets

  • ケースとLePowの本体はマグネットでくっついているから、こんな感にモニタ本体を立ち上げるとケースが滑り止めになっているので、モニタが滑らない様になっている
  • モニタの角度調整も出来る
  • ベゼルの素材は金属製である程度幅があるけれど悪くはないね。
  • モニタ本体の素材も合金製だ
  • 背面にVESAマウントは無いからね
  • 厚みは14ミリ
  • ケース素材は外側が合成革仕上がりで内側の部分は柔らか素材でできて、本体をしっかりと保護してくれる
  • ビデオの入力は、Micro HDMIとType-Cポートになっている
  • だから、USB 3.1でビデオ出力対応のノートPCを持っていれば、Type-Cで直接接続できるね。
  • ゲーム機や、他のPCから接続する場合は、HDMIからMicroHDMIポートへの接続になる。
  • 3.5ミリ、ジャックにも対応
  • 両側の側面には1Wのスピーカーが付いている

コロボット
「こんな感じデスネ」

そ、そうだね・・

LePowポータブルモニターは、完全モバイル仕様だ!

引用元:Techtablets

  • 右側面には、電源入力のポートがあって、スマホのポータブルバッテリーでも、出力が5Vで2Aであれば使えるから、外付けモニターが完全モバイルとして使えるね。
  • それから、右側面下にあるダイヤル式のボタンはモニターの表示メニューを設定する為にある
  • 電源ボタンをステータスLEDが側面に付いている
  • 使用している液晶パネルは、マット加工されたIPSパネルで解像度は、1920x1080
  • だから、アスペクト比が16:9の動画を鑑賞するのに最適だね
  • 最大光度は、215ニットで、モニタがマット加工されているから、明るい部屋でも十分見やすい
  • 液晶の設定パネルをみると、、初期設定では青みがかった発色になっているけど、典型的なIPSパネルの発色だ。
  • 液晶パネルの縁からの光の漏れはナシ!
  • Adobe RGBで発色の状態を見ると、67%で、TierCが48%NTSC、Adobe RGBは50%
  • 価格帯が100〜160米ドルの安いパネルだから、写真・動画加工のプロ用の液晶パネルではないね。
  • LePowは、それ以外点では完璧なモニターだ!

 

LePowポータブルモニターは残念な事にタッチスクリーンではないが・・・

引用元:Techtablets

  • LePow本体の右側のダイヤルで、液晶モニタの設定を行う。スタンダードを選べば、明るさ、コントラスト調整、黒色の発色調整ができる
  • 4Kのサンプル動画(黒い背景の多いビデオクリップ)を見るても、画質も悪くないね。昼間に撮影した4K動画の画質も良し!
  • BMAX Y13のノートPCをType-C〜Type-C経由で、接続して外付け使用
  • ノートPCは、タッチスクリーンに対応しているのに、LePowはタッチに対応していないからね。まあ、タッチに対応させるとコストが上がるからね
  • スピーカは1Wだから音量はあまり大きくないね。
  • ゲームコンソール(Nintendo Switch、PS4等)の外付けモニターに最適だよね
  • 僕は、HuaweiP30Proにつなげてゲームをやってみたよ。スマホの画面タッチで操作できる。

結局LePowポータブルモニターはどうなんだ?

良い点

  • ビルドクオリティ良し、使用している素材も良い
  • 持ち運に便利(重量・厚み)
  • Type-Cポート経由のでチャージが可能
  • Type-Cポート経由でのHDMI入力、3.5ミリジャック、HDMIポート対応
  • ケースとスタンドが付属で付いてくる
  • 価格が180米ドル以下

改善点

  • スピーカの音量不足
  • Adobeのカラーガンマ値が50%なので、写真編集する為のプロ用ではない
  • タッチに未対応

LePowポータブルモニターコロテックのオススメ度は?

コロボット
コロボット「LePowポータブルモニタのコロテックのオススメ度は?」

 ずばり、星4だ!!」

もはや、外付けモニタを自作する必要はない!LePowの外付けモニタで決まりだねっ!

LePowポータブルモニターはどこで買えるの?

世界のガジェットファン御用達、GEARBEST(ギヤベスト)にて販売中!

ギヤベストでの購入方法はコチラの記事みてね

もちろん、アマゾンでも発売中!!

ギヤベスト(GEARBEST)海外通販サイトの使い方

読んでいただきありがとうございました!

Powered by ココロが踊る中華テックノロジー。コロテック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です